ソフトB斐紹と楽天・西田 交換トレード 両球団から発表

ソフトB斐紹と楽天・西田 交換トレード 両球団から発表

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/12

楽天・西田哲朗内野手(26)とソフトバンク・斐紹捕手(24)の交換トレードが成立したことが11日、両球団から発表された。

No image

ソフトバンクの斐紹(左)と楽天の西田

西田は関大第一から09年ドラフト2位で楽天に入団。14年に131試合に出場し7本塁打を放ったが、今季は22試合出場で打率・136。斐紹は習志野から10年ドラフト1位でソフトバンクに入団したが、今季1試合出場に終わった。球団を通じ、西田は「楽天でいろいろなことを学ばせていただいた。新天地で活躍することで、恩返しができれば」とコメントし、斐紹は「一からアピールしていきたい」と意気込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ロッテ ドラ6永野が入団「昨日入籍しました」妻は4月に出産予定
巨人・宇佐見が“名捕手の番号”継承へ...
43歳草なぎ剛、スポーツ能力測定で22歳を上回る
“ゴリ押し”終了!? 7年連続『紅白』出場のAAA、まさかの落選は「三浦大知に押し出され......」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加