【マツダ CX-8】けん引重量は750kgまで、その理由は「走りを諦めたくないから」

【マツダ CX-8】けん引重量は750kgまで、その理由は「走りを諦めたくないから」

  • レスポンス
  • 更新日:2017/09/16
No image

マツダ CX-8

もっと画像を見る
12月14日に発売されるマツダの3列シートクロスオーバーSUV『CX-8』。このモデルの目玉の一つ(?)として注目したいのが、ディーラーオプションで「トレーラーヒッチ」が選べることだ。

カタログでも1ページを割いて、イメージ写真と共に紹介されているトーイング性能。そこには「750kg以下のキャンピングトレーラーなどをトーイング(けん引)できます」という文言がある。750kg以下のトレーラーをけん引する場合はけん引免許が不要で、普通免許で運転できる。キャンピングカーショップに話を聞くと、人気の中心は確かに重量が750kg以下のけん引免許を必要としないものだという。

しかしながら、このCX-8は1800~1900kgほどもある重量級。これ以上のものはけん引できないのだろうか。

このトーイング性能について、今回CX-8の開発を取りまとめた松岡英樹主査は、「クルマの能力の話で言えば、できると思います。しかしながら、今回のCX-8では走りを諦めないSUVという性格にこだわりました。これ以上重いもののけん引は、この部分からかけ離れてしまう。実際、トレーラーハウスや水上バイクなどをけん引される方も、750kg以下の普通免許で運転できる規模のものがかなり多数だということもあります」

「CX-8にはTSA(トレーラー・スタビリティ・アシスト)というブレーキ制御を全車に標準装備しました。トレーラーの横揺れなどを検知すると状況に応じてブレーキとエンジンをコントロールして、安定した走行をサポートするものです。このキャパシティをけん引重量750kg以下で想定しているため、そうご案内しています」と話した。

2012年のデビュー以来、最大の改良を受けたクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D2.2」は190psと450Nmを誇り、カタログ燃費では東京から九州まで無給油で走ることができる低燃費を両立した。重量級でも低燃費でハイパワー。SUVでもスタイリッシュ。そんな限界を設けない新時代のSUVにとって、アウトドアやマリンアクティビティをより身近にさせるトーイング性能は、当然の嗜みのようなものなのかもしれない。

CX-8とトレーラーなどを連結させるトレーラーヒッチはオプションとして設定される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
三菱電機、世界最小級の電力損失を実現したSiCパワー半導体素子を開発
【本日のセール情報】Amazonタイムセールで90%以上オフも! スマホカメラ用望遠レンズやスマート体重計が登場
アウトドアでもビジネスでも使えるカシオのスマートウォッチ『PRO TREK WSD-F20』
「生きているようなロボット」を実現する人工筋肉技術が開発。AI組み合わせ、身体制御を学習させる構想も
VGAを9枚搭載! 手軽にマイニングPCが作れるベアキットが発売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加