【決勝弾一問一答】広島・西川、菅野からの先制ソロに「打った自分もビックリしました」

【決勝弾一問一答】広島・西川、菅野からの先制ソロに「打った自分もビックリしました」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/08/12

(セ・リーグ、広島1-0巨人、19回戦、広島14勝5敗、12日、マツダ)広島が1-0で巨人を下した。先発の薮田和樹投手(25)は9回を投げ4安打無失点でプロ初完投を完封で飾り、11勝目(2敗)。二回に6番・西川龍馬内野手(22)が放った右越え先制3号ソロが決勝点となった。プロ2年目の西川はお立ち台で笑みがはじけた。

--ナイスバッティングでした。今日最初の打席、スタメンでの最初の菅野投手との対戦だったんですけど、どんな意識で打席に立ったんですか

「先頭でなんとか(塁に)出たいという気持ちで打席に立って、結果ああいうホームランになってよかったです」

--インハイの難しいボールかなと感じたんですけども、実際どう感じたのでしょうか

「打った自分もビックリしました。はい」

--手応え的にはどうだったんでしょうか

「ちょっと上がりすぎたかなと思ったんですけど、なんとか入ってくれて良かったです」

--結果、あれがチーム唯一の得点。本当に試合を決める大きな一発に

「勝って良かったです」

--薮田投手にも、良い援護になりました。薮田投手は完封勝利だったんですが、ピッチングはどうごらんになっていましたか

「ナイスピーです」

--何よりチームの連敗を止められた。これは大きいんじゃないですか

「連敗してて、なんとか今日は勝ちたいと思ってやっていたので、1-0で勝てて良かったです」

--西川さん、ここのところスタメン起用が続いていますけど、本当に良いアピールになっているんじゃないでしょうか

「僕はもう必死に、与えられたチャンスをものにしたいという気持ちでやっています」

--最後にファンにメッセージを

「今日は最後まで応援ありがとうございました!明日からも頑張るので、また応援よろしくお願いします!」

No image

2回、本塁打を放つ広島・西川。投手は巨人・菅野=マツダスタジアム(撮影・松永渉平)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
オリックス山岡6回3失点、ペーニャの1発を反省
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
不祥事・山口が謝罪 本当に検討されていた契約解除
日本ハム井口が反則投球「投球動作を止めている」
甲子園に衝撃を与えた阪口皓亮(北海)。野球人生を変える58球
  • このエントリーをはてなブックマークに追加