【JRA】デアレガーロ池添騎手「直線でどこを突いていくか考えたい」/高松宮記念共同会見

【JRA】デアレガーロ池添騎手「直線でどこを突いていくか考えたい」/高松宮記念共同会見

  • netkeiba.com
  • 更新日:2019/03/20
No image

「充実した春シーズンにしたいです」と語ったデアレガーロの池添騎手(撮影:佐々木祥恵)

前走の京都牝馬S(GIII)を勝ってGIに向かうデアレガーロ(牝5、美浦・大竹正博)が、20日(水)、ウッドチップコースで池添謙一騎手が騎乗して最終追い切りを行った。追い切り後、池添騎手と大竹調教師が共同記者会見に臨んだ。

■池添騎手

(今日の追い切りについて)
「レース当週の追い切りなのでそこまで強い調教という感じではなく、相手に併せる内容でした。併せた相手が動きましたが、この馬もそれにしっかりついていけましたし、良い動きをしてくれたと思います。しっかり反応していましたし、レースではかかるところがありますが、今日に関しては折り合いも我慢してくれて良い感じで来ていると思います」

(前走を振り返って)
「去年の同じレースでは行きたがってしまってあまり上手く乗れませんでしたが、前走に関してはしっかり折り合いもついてコントロールできましたし、直線も良い脚を使ってくれました。しっかり折り合いさえつけば良い脚を使ってくれる馬だと思います」

(GIでも手応えを感じる?)
「スプリントでも函館でしっかり勝っていますし、この距離は自分の中では良いと思っています。今回はGIのペースになるのでより折り合いがつきやすくなると思います。しっかりコントロールできれば確実に終いに良い脚を使えるので、それを生かせればと思います」

(初の中京コースだが、左回りに関しては?)
「中京自体は初めてで、ヴィクトリアマイルで左回りは経験していますが、大丈夫かなとは思っています。あの時はマイルだったので、かかってしまって上手く乗れませんでした。今回はスプリントなのでその辺りは問題ないと思いますし、左回りでも大丈夫かなとは思っています」

(メンバー構成もさすがGIという感じだが?)
「そうですね。GIで良いメンバーが揃っていますし簡単ではないと思っています」

(理想のレースの形は?)
「まずは普通にゲートを出てくれるのが1番の条件だと思います。ゲートでソワソワするので、そこは気を付けないといけないところだと思っています。GIですし、先行馬もいてペースも流れると思うので、その後ろくらいにつけて末脚を生かせればと思っています」

(枠順は?)
「今回の中京開催で乗っていないので、前日にしっかり確かめないといけない部分があります。その日の天候や馬場状態によって内外どちらが良いかが出てくると思うので、一概に内外とは言えませんし、しっかり当日の馬場状態を見極めて直線でどこを突いていくか考えていきたいと思います」

(高松宮記念、来週の大阪杯のブラストワンピースと楽しみな馬が揃っているが?)
「今週からGIシーズンが始まりますし、楽しみな馬に乗せていただけます。結果を出さないといけないプレッシャーもありますが、充実した春シーズンにしたいです」

(ファンにメッセージを)
「デアレガーロは良い状態で臨めると思いますし、しっかり良い結果を出せるように頑張りたいです」

■大竹調教師

(今日の追い切りについて)
「狙いとしては前走と同じような調教内容でと池添騎手に指示しました。その通りにやれましたし、追い切り後に池添騎手と話しましたが、前走とほとんど変わらない感じで臨めると思います」

(前走を振り返ってください)
「折り合いがついたことが1番の勝因だと思います。去年は前半にハミを噛んで折り合いを欠いていたので、その分差されたのだと思います。今年はペースも流れていたので、折り合いをつけやすかったと思います」

(馬体重が32キロ増だったが?)
「普通に考えれば重いかなと数字を見た時は思いましたが、しっかりやった上での体重増でしたし得意の舞台でもあったので、何とか結果を出してくれるのではないかとも思っていました。もしかしてあれが理想の体重だったのかもしれませんし、今までが細かったのかもしれません」

(今の馬体重は?)
「女の子の体重のことなので具体的な数字を言うのは失礼だと思いますが、恐らく同じくらいかと思います」

(これまで左回りで結果が出ていないが?)
「確かに東京で2回走っていずれも結果が出ていませんが、左回りというよりも、東京は装鞍所に入る前の地下馬道が長くて装鞍所でイレ込んでしまうことがありました。中京は地下馬道を通る時間が短いですし、コースそのものよりも装鞍所からの流れを考えると中京は良いのではないかと思っています。走りに関しても、右手前の方が大きく使える馬なので、むしろプラスに働くのではないかと思います」

(1200mの距離については?)
「1200mではポジションを取りに行く作業をしないとちょっと遅れてしまうイメージがありますが、幸い池添騎手は1200のGIを勝っていますし、それを踏まえて考えて乗ってくれると思います」

(どのようなレースを?)
「恐らくペースは速くなるだろうなという印象は持っているので、中団くらいにつけられれば十分チャンスがあると思っています」

(希望の枠順は?)
「この前は馬群の中でも良い競馬ができていますし、特に枠順はこだわりません」

(最後にファンにメッセージを)
「皆さんの予想において馬体重は重要なファクターになると思いますが、見ていると今は充実してきていると思います。体重のことには目をつぶって応援していただければ、それが力になります」

(取材・文:佐々木祥恵)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
「今すぐ別れたほうがいい」カップルの特徴
博多大吉&赤江珠緒、フライデーされる
なぜ年齢を重ねるにつれセックスの質は向上していくのか?
ヒカキン、まさかの過去に驚きの声 「意外すぎる」「知らなかった...」
オードリー春日、“クミさん”へのプロポーズ成功 相方・若林も号泣
  • このエントリーをはてなブックマークに追加