最新ランキングをチェックしよう
集団食中毒事件を手掛けてきたプロが個人的に絶対食べない食品6選(アメリカ)

集団食中毒事件を手掛けてきたプロが個人的に絶対食べない食品6選(アメリカ)

  • カラパイア
  • 更新日:2017/08/22

アメリカ人弁護士のビル・マーラーは、20年以上にわたって多くの集団食中毒事件の被害者の代理人を務めてきた、いわば食中毒と食品安全に関する専門家だ。
 食中毒被害者のためにこれまでに6億ドル(約660億円)以上の損害賠償金を勝ち取ってきたマーラーが、リスクを冒すだけの価値がないので個人的に絶対に食べないという6つの食品が挙げられていた。
1.生牡蠣
 マーラーは、過去5年のあいだに、それ以前の20年

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
マルチタスク、薄暗い照明、長い運転時間など。科学的に裏付けられた人間の知性を損なう10の事
米海兵隊が"PDCA"より"OODA"を使うワケ
宇野昌磨は“例外”? 記者が「二度と取材したくない!」と叫ぶアスリートを実名暴露
うつ病の人が良く使う言葉には特徴がある。言語分析で「うつ語」の存在が明らかに(英研究)
お金持ちは「カンニングの天才」 時給を上げられない人の2つの特徴とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加