【明治神宮野球大会】創成館、初出場で決勝進出! 大阪桐蔭撃破

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2017/11/13

第48回明治神宮野球大会に高校の部で九州地区代表として初出場の創成館(長崎)は13日、神宮球場で行われた準決勝で近畿地区代表の大阪桐蔭を7-4で破り決勝に進出した。九州地区代表の決勝進出は第44回大会で優勝した2013年の沖縄尚学以来、4年ぶり。1点を追う3回に先頭の8番徳吉涼太(2年)の中前打など計4安打の集中打に四球、相手失策にも乗じて4点を奪い、逆転した。1点差に追い上げられた5回は3番峯圭汰(2年)の左翼線二塁打から3連打で1点を追加。さらに2死から平松大輝(同)の右前適時打で6点目。9回にも1点を加え、3投手の継投で逃げ切った。創成館は14日の決勝戦で、東海地区代表の静岡と四国地区代表の明徳義塾(高知)の勝者と対戦する。=2017/11/13 西日本スポーツ=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
出場校チーム紹介:仙台育英(宮城)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加