新葉、自己ベスト更新も悔しい2位 15歳ザギトワに逆転許す

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/17

◇フィギュアスケート ロンバルディア杯(2017年9月15日 イタリア・ベルガモ)

ショートプログラム(SP)首位の16歳、樋口新葉(東京・日本橋女学館高)は143・37点を出し、合計で自己ベストを更新する217・63点をマークしたが、2位に終わった。昨季世界ジュニア女王の15歳、アリーナ・ザギトワ(ロシア)が147・17点を出し、合計218・46点でSP3位から逆転優勝した。松田悠良(19=中京大)は合計195・56点で5位だった。

映画「007」の曲を使ったフリーを堂々と演じきったが、SP首位のリードを守れず1つ年下のザギトワに0.83点差で逆転された。「もう少しいい演技をすれば勝てる」。樋口は、全てのジャンプを基礎点が1.1倍になる演技後半に跳んで得点を稼いだライバルに敗れ、悔しがった。

直前の6分間練習はルッツ―トーループの連続3回転ジャンプで転倒し「タイツや衣装も濡れたが、逆に力が抜けた」という。本番は思い切りよく舞った。練習で転倒した連続ジャンプを2度決めるなど、課題に挙げたジャンプは全て成功。スピンやステップを含む全要素の出来栄え点で加点を引き出した。

1年前にシニアデビューを果たした大会。当時を「何も分からないまま出て緊張した」と振り返る。今回は「戦う相手も意識して自分に入り込めた」と成長を実感できた。平昌五輪を目指すシーズンの第一歩。「直すべきところを直して、次はより点をもらえるように」と闘志に火が付いた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
本田真凜、シニアデビュー戦で示した“進化” 表現力で高評価並ぶ
「神様に選ばれた試合」羽生結弦選手が2年前の“伝説の演技”を語る!
宇野昌磨の開幕戦に見えた金メダル獲得計画と可能性
三原舞依、元気にモントリオール入り 20時間の空の旅「ずっと眠ってました」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加