最新ランキングをチェックしよう

〈書評〉作家の持ち味を存分に味わえる4作 文・三橋 曉

  • ほんのひきだし
  • 更新日:2016/11/21

本や雑誌の売り上げが伸びず、冬の時代が続く出版界だが、厳しい状況は他のメディアも同様らしい。佐藤多佳子の『明るい夜に出かけて』では、かつて一世を風靡した深夜放送の世界が重要な背景となる。しかし21世紀の今、ラジオの世界もまた順風満帆とはいえないようだ。
主人公の富山は、あるトラブルで心に傷を負い、大学生活から期間限定でドロップアウトしている青年である。深夜のコンビニで働き、人目を忍ぶように細々と暮

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
もしもジュラシックパークの恐竜が猫だったら・・・コラ職人ががんばった結果、あらやだ和む。
【炎上】映画「交響詩篇エウレカセブンハイエボリューション1」が酷すぎてブチギレ激怒 / 1800円払って思い出を壊されに行くようなもの
アキナ、「スクランブル」ゲストに「ミキの代役は釈然としない」
9月19日の注目映画第1位は『オー・ルーシー!』
オダギリジョー、ゲバラ役と勘違いされ髪汚いと自虐
  • このエントリーをはてなブックマークに追加