ジミー大西、新バラエティ配信開始日にネタバレ連発「もう触らんといて!」

ジミー大西、新バラエティ配信開始日にネタバレ連発「もう触らんといて!」

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/11/30

お笑い芸人のジミー大西が30日、都内で行われたAmazonプライム・ビデオの新作バラエティシリーズ『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』(30日配信開始、全4話)の完成披露会見に登場。結果のネタバレをしてしまい、後輩芸人たちから一斉に注意を受けた。

No image

松本人志(左)とジミー大西

これは、1人100万円の参加費を払った10人の芸人たちが、密室で行う"笑わせ合いバトル"。6時間の制限時間で笑いを仕掛け、笑いに耐え、最後まで残った1人が、賞金1,000万円を獲得するというルールで、ジミーに加え、宮川大輔、藤本敏史(FUJIWARA)、くっきー(野性爆弾)、ハチミツ二郎(東京ダイナマイト)、久保田和靖(とろサーモン)、斎藤司(トレンディエンジェル)、アントニー(マテンロウ)、川原克己(天竺鼠)、大地洋輔(ダイノジ)の10人が参戦している。

ジミーは、100万円という高額な参加費に加え、「おまけにエロサイト見て、40万請求が来て…」と近況を報告。その上で、「100万を賭けて挑戦したので、何とか終わらんとこうと…」と危うく自身の結果を言いかけてしまったことから、周りの後輩芸人たちから「言ったらダメですよ」と止められ、プレゼンターのダウンタウン・松本人志には「ダルクから出てきたんで、すいません」と、フォローにならないフォローをされてしまった。

しかしその後、参加した感想を求められたジミーは、ネタバレを恐れるあまり「みんな仲良くできたと思います」と一言。それではさすがにダメだということで、引き続き発言を求められたが、今度は完全にネタバレ部分に言及してしまい、「もう触らんといてください!」と投げ出してしまった。

そんなジミーに、ゲームで戦った藤本は「一番の敵はジミーさん。だって普通にしてるだけで面白いんですもん!」と主張。それに対し、ジミーは「みんなが僕を潰しにかかってきたのは確かです」と集団攻撃の被害にあったことをアピールしたが、松本は「それくらい強敵やったっていうことはあるよね」と、やむを得ない形態だったことを認めた。

No image

(下段左から) 藤本敏史、Amazonコンテンツ事業本部長のジェームズ・ファレル氏、松本人志、ジミー大西、宮川大輔 / (上段左から) 川原克己、ハチミツ二郎、くっきー、久保田和靖、アントニー

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
川原結衣の妊娠報告をロンブー淳が批判 「アイドルなら避妊しろ」
成宮寛貴より真っ黒?当局が本丸で狙う大物”美女アスリート”
高橋ジョージ「新事実」発言で、三船美佳への批判強まる
現役アイドルがまさかすぎる形で引退を発表「この度私の妊娠が発覚しました」
問題動画流出のJKTメンバー、卒業→急転解雇
  • このエントリーをはてなブックマークに追加