最新ランキングをチェックしよう
【東武SL】命名「大樹」、ミクリの試運転線にドラフト音と息吹

【東武SL】命名「大樹」、ミクリの試運転線にドラフト音と息吹

  • レスポンス
  • 更新日:2016/12/02

「ブゥーオオオーッ!」「シューッ」。埼玉県久喜市、東武鉄道南栗橋車両管区の東端、蒸気機関車列車試運転線に12月1日、C11形207号機の息吹。来夏、営業運転に就くSL列車の名前が「大樹」に決まり、前部にヘッドマークを掲出しその“走り”を見せた。大樹(たいじゅ)の由来は、世界遺産「日光の社寺」のひとつ、日光東照宮から連想される「将軍」の別称。同社は、この大樹という名に「自立式電波塔として世界一の高さ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
神主は食べていけない 末端神主たちの神社本庁への嘆き
長崎・トラックが横転、川に塩酸が流れ込む
南海トラフ 地震発生確率が急上昇「10年以内に20〜30%」
18年前、誕生直後に誘拐され... 「育ての親」逮捕
サムスン副会長に逮捕状請求、韓国財閥に一斉捜査で底なしの経済危機か...国家的機能不全も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加