ヤクルト新人8選手、神宮球場見学 ドラ1村上「早くプレーしたい」

ヤクルト新人8選手、神宮球場見学 ドラ1村上「早くプレーしたい」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/12/07
No image

神宮球場を訪れガッツポーズする(左から)ドラフト7位・松本、同5位・金久保、同3位・蔵本、同1位・村上、同2位・大下、同4位・塩見、同6位・宮本、同8位・沼田

ヤクルトのドラフト8選手が6日、本契約を結び、神宮球場やオフィシャルグッズショップのつば九郎店を訪れた。ドラフト1位の村上宗隆捕手(17)は初めてという本拠地に足を踏み入れ「うわー、すごい」と初々しさを見せた。

記念撮影をするなど思い思いに、神宮の風を感じた選手たち。高校通算52本塁打を放った村上は球場全体を見渡し「思ってたよりは狭かったです。このグラウンドで早くプレーしたいなと思いました」と話した。ただ、自身がプレーするイメージがまだ湧かないといい「早く思い浮かべられるように、しっかり練習していきたいなと思います」と力強く誓った。

つば九郎店ではドラフト2位・大下佑馬投手(25)が様々なグッズを手に取り、楽しんだ。「社会人の時も名前入りのグッズはありましたけど、プロだとまた違って、良いですね」と笑顔。自身のグッズ発売を待ち遠しそうにしていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
阪神、モレノ獲得発表!マー君見て日本研究「真摯に取り組んでいる姿が印象的」
【DeNA】球団ドキュメンタリー映画舞台挨拶で、今永&桑原がキャプテン筒香を語る
開幕投手託された!巨人・菅野が堂々公表 球団最多開幕戦4勝へ相手はメッセ
山本昌氏、アマ資格回復研修会を受講「普通にアドバイスできるようになれば」
球界大御所がエンゼルス大谷翔平に警鐘「二刀流無理。選手生命縮める」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加