高橋監督、今季最後の試合快勝も「内容を重視して」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/13

<練習試合:巨人3-0日本ハム>◇13日◇宮崎・ひむか球場

巨人が無失点リレーで今年のラストゲームを勝利で飾った。

先発今村と2番手中川の若手左腕が2回無失点と好投し、来季のローテーション入りへアピール。打線も初回に橋本到が先制のソロ本塁打。2回には1死二塁で7番捕手でスタメン出場の小林が右前適時打を放つと、1死一、三塁では育成選手の9番松原が適時二塁打を決め、序盤に主導権を握った。

試合後の高橋由伸監督(42)の主なコメントは以下の通り。

「内容が良くて抑えた投手もいれば、内容はいまひとつだけど、何となく抑えた投手もいた。そこは結果がすべてという部分があるんですけど、今の時期だから内容を重視してほしい。そういうところが良くならないと、結果だけが良くてもなかなか成長にはならないでしょうからね。(この日で第2クールが終了)厳しい中、なんとか頑張ってやってくれているというところが一番かなと思います」。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
藤谷、ビックリ7発!矢野2軍監督納得「一番飛んでいた」打撃練習継続決定
早すぎたトライアウト。「高卒プロ入り→戦力外」の道に後悔はあるか
能力生かさにゃ!阪神・矢野2軍監督、フリー7発の藤谷に二刀流させる
侍にリンゴスター誕生 外崎が3戦6安打4打点でMVP 青森の実家はリンゴ園
  • このエントリーをはてなブックマークに追加