言ってはいけない石けんの真実。 「弱酸性ソープ」は肌の老化へ一直線だった!?

言ってはいけない石けんの真実。 「弱酸性ソープ」は肌の老化へ一直線だった!?

  • BEST T!MES
  • 更新日:2018/05/16

「弱酸性ソープは本当に肌にやさしいの?」「いえいえ、そこには静かに肌の老化を進行させる事実があるんです」と警鐘を鳴らすのは手作り石けん作家でヨガの指導者でもある井出順子先生。テレビのCMや広告などで弱酸性があたかも肌思いの象徴のように謳われているのはなぜなのか? 世直し手作り石けん作家の井出先生がわかりやすく解説してくれました!

■弱酸性は肌の老化へ一直線だった! 本当に肌をきれいにするのは弱アルカリ性の手作り石けん。

「肌を洗うなら弱酸性がいい」そんな風に思っていませんか?
確かに人間の健康な皮膚のpHは弱酸性です。でも、だからといって弱酸性の洗顔料やボディソープが肌にやさしいと安易に判断するのはちょっと待って。実はそこには静かに肌の老化を進行させる事実が隠されていることは、あまり知られていません。もしかしたら、その敏感肌や乾燥肌は毎日使っている洗浄剤のせいかも・・?

テレビのCMや広告などでは弱酸性があたかも肌思いの象徴のように謳われています。肌と同じ弱酸性で大人も子供も洗いましょう、と。しかし、そこには無視できない危険が潜んでいます。なぜなら、弱酸性の石けんや洗浄剤は「合成界面活性剤」を配合しないと作り出すことができないからです。

合成界面活性剤という言葉には、なんとなくマイナスのイメージを持っている方も多いかもしれません。そもそも「界面活性」とは、本来混じり合うことのない水と油の境界(界面)を結びつけるもの。食器の油汚れを落とすときや、肌の汚れをきれいに落とすときにも必要な作用です。この界面活性という作用自体は悪者ではないのですが、この作用が必要以上に強い「合成界面活性剤」が肌に悪さをします。

合成界面活性剤が与える一番大きい肌ダメージは、皮膚バリアを壊されることです。肌の美容はこの皮膚バリアの健康に左右されるといっても過言ではありません。私たちの肌の表面は自らが分泌する皮脂によって覆われています。これが自然な潤いとして感じられたり外部刺激から肌を守ってくれたりするのです。ところが、合成界面活性剤は人間に必要な皮脂までごっそり取り除いてしまい、肌の表面にある角質層の健康な秩序を荒らしていきます。こうなるとシミやシワがどんどんできやすくなり、肌の老化へ一直線です。

「弱酸性は肌がつっぱらないし問題なさそうだけど?」という声も聞きますが、それは使用感を高めるために洗浄剤と一緒に配合された合成の成分が肌にぴったりとはりつくため。残念ながら、肌自体が健康できれいになっているわけではありません。

皮膚バリアが壊されるということは、本来皮膚で保たれていないといけない水分や皮脂が失われて、外部刺激から肌を守る力も弱くなるということ。有害な化学成分も肌バリアを突破して侵入する恐れもあるため、肌に使うスキンケア製品や化粧品のちょっとした刺激にも敏感になってしまいます。皮膚バリアを静かに破壊していく合成界面活性剤を使い続ければ、誰でも乾燥肌や敏感肌になってもおかしくないのです。

大人の美容のために合成界面活性剤はもちろん避けたいですが、小さな赤ちゃんや幼い子どもの肌にとっても有害であることを覚えておきましょう。合成界面活性剤の強い作用で幼い子どもの肌を洗いすぎると、構築されるはずの皮膚バリアが壊されてうまく機能しなくなり、アトピー性皮膚炎の一因になることもあるのだとか。せっかく健康な肌で生まれてきたのに、安心だと思っていた洗浄剤でそれを害していたなんて少し悲しいですよね。肌の健康を守りながら衛生面を保ちたいものです。

No image

では、どんなもので肌を洗えばいいのでしょうか?答えは「自然な石けん」にあります。汚れを落とすには界面活性の作用が必要とお伝えしましたが、石けんは「脂肪酸ナトリウム」又は「脂肪酸カリウム」という名の天然の界面活性剤です。市場に出ている洗浄剤で天然の界面活性剤は石けんのみ。それ以外はほぼ全て合成界面活性剤が配合されています。そして自然で本物の石けんは「弱アルカリ性」の性質があります。

肌は弱酸性なのに大丈夫なの?と思われるかもしれませんが、日本に点在する温泉で美人の湯として知られるのはアルカリ泉が多いようです。アルカリ性はタンパク質の汚れを落とすのに効果的。アルカリ性のお湯に浸かることで、皮膚表面の汚れや古くなった角質を自然に落として肌をしっとりツルツルにしているのですね。

これと似たようなことが肌の上で起こります。確かに、自然な石けんを使うことで最初は肌がアルカリ性にやや傾きますが、健康な肌であれば弱酸性に戻るよう自然な力が備わっています。しかも界面活性の作用も非常に穏やかなので、必要以上に皮脂を奪うこともなく皮膚バリアを壊すこともしません。

この自然な石けんの中で一番おすすめしたいのが「コールドプロセス製法」で丁寧に作られたやさしい石けん。前回の記事でお伝えしたように、市販のものを探して手に入れることもできますが、自分で手作りしたほうがコスト面や肌への作用の面でも良いことだらけです。

合成界面活性剤などの害を知ると、普段使っているものに何が入っているのか気になりますよね。商品のラベルには聞いたことのない合成成分のカタカナ名がずらりと並んでいるはずです。ですが、一般消費者の私たちには成分の正体をすぐに判断することは難しいでしょう。

No image

それに比べて、コールドプロセス製法の石けんを自分で手作りすれば、その石けんが何からできているのか自分の目で確認しながら作れる安心感も得られます。材料は、健康・美容面にも嬉しい栄養価の高い植物オイルをはじめとした自然なものばかり。お料理みたいな作業は、きっと楽しくなってしまうはずです。

拙著「石けんだけで肌はきれいになる」では、季節やシーンごとにおすすめする選りすぐりの15の石けんレシピと作り方をご紹介しています。植物オイルの種類や組み合わせによって変わる心地いい使用感は、市販のものでは中々出会えません。使い始めた人から、スキンケアが変わっていきます。きっと普通の石けんや洗浄剤には戻れなくなりますよ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ビューティーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ヘアアレンジにバレッタを取り入れて瞬時に可愛さアップグレード♡
女子必見!幸せな気持ちになれる食べ方3つ
高橋里帆流! 本気の毛穴消しベースメイクは“ツヤ”で毛穴を目くらまし
【ギャーッ!】ベリ〜ッとはがしてメイクオフ!? 韓国発、新感覚の化粧下地に世界中のメイクファンが大注目していますっ!
守るだけじゃない!紫外線を浴びてしまった肌へ、、日中&夜ケア♡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加