最新ランキングをチェックしよう
爆食で日本危機、世界の食糧奪い合いに

爆食で日本危機、世界の食糧奪い合いに

  • dot.
  • 更新日:2016/12/01

太平洋戦争が激化し、食糧確保のため、内野のグラウンド一面がイモ畑になった甲子園球場。逼迫した当時の食糧事情を象徴する対策だった(c)朝日新聞社

 健康志向の高まり、高齢化、働く女性の増加など、食卓を取り巻く環境は大きく変わった。食品メーカーや卸業者など食に関わる会社は、こうした動きをビジネスチャンスと捉える。これからのニッポンの食卓とは? AERA 12月5日号で

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
鴻海との提携が生んだ初めての家電、1.5kgの超軽量掃除機シャープ『RACTIVE Air』
東海道・山陽新幹線の次期車両「N700S」内外装のデザイン決定 なぜこんなに複雑?
【徹底調査】人口減少ニッポン・あの大企業はどうやって生き残るか
NECお前もか。なぜ日本の大手メーカーが相次いで凋落するのか?
上智大卒も38歳で無職のワケ「高卒からバカにされ...」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加