劇団四季、久々新作は「恋におちたシェイクスピア」

劇団四季、久々新作は「恋におちたシェイクスピア」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/14
No image

舞台「恋におちたシェイクスピア」の会見に出席した演出家青木豪氏(左)と劇団四季の吉田智誉樹社長(撮影・林尚之)

劇団四季の新作ストレートプレイ「恋におちたシェイクスピア」(来年6月、東京・自由劇場ほか、京都、福岡で巡演)の会見が14日、都内で行われた。

99年に公開され、米アカデミー賞7部門で受賞したた同名映画の舞台版で、14年にロンドンで初演された。「ロミオとジュリエット」の誕生に、若きシェークスピアの道ならぬ恋が関わっていたらという、フィクションと事実を巧妙に織り交ぜた作品。

吉田智誉樹社長は「人生の素晴らしさを描いた作品。久しぶりの新作ストレートプレイ上演で、今後も年1本は新作ストレートプレイを上演していきたい」。演出は青木豪氏で、四季が外部から日本人演出家を招くのは、67年の故福田恆存氏「ヘンリー四世」以来、51年ぶり。青木氏は「中学生の時に四季の『ヴェニスの商人』を見てから、芝居を見る喜びを知った。リアルな会話劇を根底に、生きる喜びを伝える舞台にしたい」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ピクサー最新作「リメンバー・ミー」ポスター解禁、監督のコメントも
井浦新&瑛太“セックス”を語る
長瀬智也&ディーン・フジオカ&高橋一生が“反撃”開始<空飛ぶタイヤ>
マーク・ハミルら来日決定!『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』メッセージ動画&新シーンも解禁
「スター・ウォーズ」最新作はシリーズ最長
  • このエントリーをはてなブックマークに追加