ホワイト3度目の金で男泣き...最終ランで平野を逆転「幸せすぎて言葉がでない」

ホワイト3度目の金で男泣き...最終ランで平野を逆転「幸せすぎて言葉がでない」

  • デイリースポーツonline
  • 更新日:2018/02/15
No image

スノーボード男子ハーフパイプで銀メダルを獲得した平野歩夢(左)。中央は金のショーン・ホワイト、右は銀のスコット・ジェームズ(共同)

「平昌五輪・スノーボード男子ハーフパイプ・決勝」(14日、フェニックス・スノーパーク)

最終滑走のショーン・ホワイト(31)=米国=が3回目に97・75点をマークし、トップに立っていた平野歩夢(19)=木下グループ=を逆転。06年トリノ、10年バンクーバーに続く3度目の金メダルを獲得した。平野は前回ソチ五輪に続いて銀メダル。日本勢では片山来夢(22)=バートン=が7位入賞。戸塚優斗(16)=ヨネックス=は2本目に大転倒し、3回目を棄権して11位だった。

まさにスーパーヒーローの滑りだった。首位平野を追い、最終ランに臨んだホワイトは、平野と同じく縦2回転横4回転のダブルコーク1440(DC14)を2度、3回転半を2度組み込んだ構成を完遂。1本ごとのエアの度に巻き起こる大歓声に乗り、大逆転で頂点へと返り咲くと、ヘルメットを放り投げ咆哮(ほうこう)し、むせび泣いた。

昨年10月の練習中に顔面を62針縫う大けがを負ったが、恐怖心を乗り越えた奇跡的な復活劇。DC14を連発で組み込む構成はケガをしたときと同じ。この日の朝はやらない予定だったが、直前に平野が決め、「アユムのおかげでできた」と12歳下のライバルの存在に奮い立った。

年収11億円ともいわれる冬季競技最大のスーパースターにとっても、五輪の金メダルは格別。これが米国冬季五輪通算100個目の金メダル。「幸せすぎて言葉がでない。クレイジーなケガを乗り越えてここにきた。驚いているし、最高だよ」と、歓喜に浸った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
会場ではブーイングも。ザギトワ金、メドベ銀の採点を巡って議論沸騰!
ザギトワ、フィギュアのルールに一石...「得点主義」「フィギュアじゃない」と批判殺到
松岡修造の宮原へのインタビューが「神」と話題 開口一番「おめでとう!」
フィギュア・アイスダンスの韓国ペア、衣装はだけるハプニング<平昌五輪>
フィギュア・宮原知子が4位入賞 松岡修造の「神インタビュー」に称賛の声

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加