最新ランキングをチェックしよう
X線観測衛星が36時間かけて撮影した、ふたつの奇妙なスーパーバブル

X線観測衛星が36時間かけて撮影した、ふたつの奇妙なスーパーバブル

  • ギズモード・ジャパン
  • 更新日:2019/03/19

Image: X-ray: NASA/CXC/University of Michigan/J-T Li et al.; Optical: NASA/STScI
ピンクがかった紫色のスーパーバブル
宇宙の神秘…。 妖しげに光る銀河を捉えたこの画像には、ふたつの「スーパーバブル」が写っています。ひとつは幅が4900光年、もうひとつは幅3500光年以上で、地球から6700万光年離れたNGC 307

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
全長8,850kmにもおよぶ群落も...。大西洋にて海藻が異常発生
なぜ緑色の石を浜辺に敷き詰めることで地球温暖化を防ぐことができるのか?
どこでもサイエンス 第160回 スゴイぜ! はやぶさ2!! - で、これからどうするの?
魚卵うめぇ!深海920メートルの海底で、魚の卵をむさぼるハングリーなカニのレア映像(アメリカ)
ついに迫る地球滅亡の危機!? 月面で目撃されたUFO編隊の正体とは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加