ブービー人気のベストロードがV/若鮎賞・盛岡

  • netkeiba.com
  • 更新日:2017/08/15
No image

村上忍騎手騎乗の8番人気ベストロードが差し切り勝ち(写真提供:岩手県競馬組合)

13日、盛岡競馬場で行われた第18回若鮎賞(2歳・芝1600m・1着賞金250万円)は、後方でレースを進めた村上忍騎手騎乗の8番人気ベストロード(牝2、岩手・瀬戸幸一厩舎)が、直線で外から一気に各馬を差し切り、馬群を割って脚を伸ばした3番人気コウギョウカナリア(牝2、岩手・菅原右吉厩舎)に1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分40秒8(良)。

さらに2馬身差の3着に7番人気プリヴィレッジ(牡2、岩手・伊藤和忍厩舎)が入った。なお、2番人気リュウノフェスタゴ(牡2、岩手・板垣吉則厩舎)は4着、1番人気ジョースポーツ(牡2、岩手・酒井仁厩舎)は5着に終わった。

勝ったベストロードは、父ロードアルティマ、母トシザコジーン、その父アドマイヤコジーンという血統。初勝利を重賞で挙げることとなった。

【勝ち馬プロフィール】
◆ベストロード(牝2)
騎手:村上忍
厩舎:岩手・瀬戸幸一
父:ロードアルティマ
母:トシザコジーン
母父:アドマイヤコジーン
馬主:千葉浩
生産者:浦河小林牧場
通算成績:4戦1勝(重賞1勝)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
「外国人は慰安婦像を見てあざ笑っている」韓国野党員の指摘が波紋=韓国ネット「人間とは思えない」「像は日本人を反省させるための神聖なもの」
打ち切り決定の『しくじり先生』、お蔵入りになった真の“しくじりタレント”がいた!
女心って複雑なんです...!「なぜかエッチOKしちゃった」体験談
GACKTが「ブランド志向の若い女性」をバッサリ! その理由に共感の声
不明ゾウガメ「15分で発見」のナゾ 園長が語った「大きな声では言えないこと」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加