荒井が銀、小林が銅!日本勢初の複数メダル 丸尾5位で全員入賞の快挙 男子50キロ競歩/世界陸上

荒井が銀、小林が銅!日本勢初の複数メダル 丸尾5位で全員入賞の快挙 男子50キロ競歩/世界陸上

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/08/13

陸上・世界選手権男子50キロ競歩(13日、ロンドン)バッキンガム宮殿前付近の周回コースで行われ、リオデジャネイロ五輪銅メダルの荒井広宙(29)=自衛隊=が3時間41分17秒で銀、小林快(24)=ビックカメラ=が3時間41分19秒で銅メダルを獲得。日本勢はこの種目で2大会連続の表彰台となり、初の複数メダルとなった。丸尾知司(26)=愛知製鋼=が3時間43分3秒で5位に入り、全員が入賞した。世界記録保持者ヨアン・ディニズ(39)=フランス=が3時間33分12秒の大会新記録で初優勝した。

【3・5キロ】世界記録保持者のディニズ(フランス)が一人、飛び出す。日本勢は第2集団で様子をうかがう。

【5キロ】ディニズが22分46秒でトップ通過。日本勢は荒井が2秒差の4位、小林が3秒差の11位、丸尾が5秒差の21位で続く

【6・3キロ】ディニズとナバ(メキシコ)が3位集団を突き放し始める

【7・8キロ】ディニズがナバを突き放し単独トップに

【10キロ】ディニズが44分28秒でトップ通過。日本勢は荒井が56秒差の4位、小林が56秒差の7位、丸尾が58秒差の16位で続く

【12・3キロ】ナバが3位集団に吸収される

【12・6キロ】丸尾が2位集団から遅れ始める

【15キロ】ディニズが1時間6分2秒でトップ通過。日本勢は荒井が1分32秒差の2位、小林が1分33秒差の7位、丸尾が1分36秒差の11位で続く

【20キロ】ディニズが1時間27分18秒でトップ通過。日本勢は荒井が2分10秒差の5位、小林が2分10秒差の6位、丸尾が2分28秒差の11位で続く

【22キロ】ナバが2位集団から遅れ始める

【25キロ】ディニズが1時間48分24秒でトップ通過。日本勢は荒井が3分差の7位、小林が3分差の8位、丸尾が3分28秒差の11位で続く

【30キロ】ディニズが2時間9分51秒でトップ通過。日本勢は荒井が3分18秒差の4位、小林が3分19秒差の8位、丸尾が4分27秒差の10位で続く

【35キロ】ディニズが2時間30分58秒でトップ通過。日本勢は荒井が4分22秒差の4位、小林が4分22秒差の5位、丸尾が5分33秒差の11位で続く

【38キロ】荒井と小林が2位集団から抜け出す

【40キロ】ディニズが2時間51分31秒でトップ通過。日本勢は荒井が5分43秒差の2位、小林が5分43秒差の3位、丸尾が6分40秒差の6位で続く

【45キロ】】ディニズが3時間12分39秒でトップ通過。日本勢は荒井が6分38秒差の2位、小林が6分38秒差の3位、丸尾が7分39秒差の5位で続く

No image

ゴール後、写真撮影に応じる(左から)小林快、荒井広宙、丸尾知司=イギリス・ロンドン(撮影・川口良介)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
女子大学生が乳児の遺体を...ポリ袋に入れ遺棄か
【爆速】最高時速350km超の電動モンスターバイク「LS−218」がこちらです
13年前に無くした婚約指輪が...意外な形で発見!
歌広場淳『ごめん、愛してる』実況に大バッシング! 障がい者を「チンパンジー」呼ばわり
ビッグダディがAVに出演!「ディックダディ」のあだ名が定着か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加