TOEIC特化の英語学習シェアハウス「ENGLISH Camp」

TOEIC特化の英語学習シェアハウス「ENGLISH Camp」

  • ASCII.jp
  • 更新日:2017/12/07
No image

スクールウィズは11月30日、シェアハウス「ENGLISH Camp」(イングリッシュキャンプ)の第1号物件を東京都目黒区にオープンすると発表した。

ENGLISH Campは、仲間といっしょに最短でTOEICスコアアップを目指す、徹底指導型の英語学習シェアハウスだ。

英語学習やTOEICスコアアップが実社会で急速に求められていく昨今、英語学習の一番の天敵である「継続学習」という課題が長らく存在している。同課題に対して、「コーチング」という指導スタイルと「シェアハウス」という勉強仲間コミュニティーをつくることで、本気で英語力を高めたい学習者を全面サポートできる環境を用意したという。

入居者は、20代から40代前半の社会人や大学生を想定。入居費は14万8000円で、家賃、水道光熱費、共益費、Wi-Fi、清掃月2回が費用に含まれている。全室個室で、家具家電は用意されているのでカバン1つで入居できる。

そのほか、入居時の英語学習カウンセリング、専門講師によるパーソナルコーチング、毎日の学習レポート管理、週末TOEIC講義、英語学習アプリ、Facebook非公開グループでの24時間質問対応、物件内スタディルーム利用、スタディルーム設置の英語学習関連書籍利用などが可能。

さらに、通常有料であるサービスを入居者向けに無償提供する。現段階では、TOEIC対策支援アプリ「abceed analytics」、英単語学習アプリ「mikan」のそれぞれ有料プラン利用可能が決まっている。

入居開始時期は12月15日以降。また新サービスリリースを記念して、特別価格7万7990円にてトライアル入居者の募集を開始する。期間は2018年6月末までで、7月1日以降は通常料金となる。

■関連サイト

ENGLISH Camp

スクールウィズ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
男を格上げするオールレザーの美麗ステータスバッグ5選
【本日のセール情報】Amazonタイムセールで80%以上オフも! 3WAYビジネスバッグやいびき防止サポーターがお買い得に
ネットユーザーが「完全無料化」を望むものTOP5
ポルノの主戦場が雑誌・DVDからオンラインへと進化することよって環境負荷が上がっている可能性
高機能なのに、めちゃお買い得!なコスパ時計9選
  • このエントリーをはてなブックマークに追加