【セルジオ越後】「リトルビッグ3」のスタート!問われるのは”継続性”だ

【セルジオ越後】「リトルビッグ3」のスタート!問われるのは”継続性”だ

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2018/10/17
No image

森保ジャパンへの期待値は高まっている。ここから真価が問われそうだ。(C)SOCCER DIGEST

No image

柴崎の低調は気になった。クラブで出番を得ていないから、コンディションが上がっていなかった。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

No image

ウルグアイ戦で2ゴール。南野は得点への意識が高まった印象だ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

10月シリーズのウルグアイ戦で日本は4-3の勝利を収めた。「森保体制3戦連勝!」「南野が2ゴール!3試合連続!」「堂安が代表初ゴール!」と、見出しになりそうなネタも多かったし、メディア的には最高の試合になったね。

両チーム合計7点が生まれた大味の試合だったけど、森保体制になってから対戦したコスタリカ、パナマよりも明らかに実力のあるウルグアイに勝利した意味は大きい。やはり列強国と対戦すると、得るものは多い。ここまでの2試合では見られなかった収穫と課題が出てきたはず。つまり、実力国とどれだけ対戦できるかでも、また強化のスピードは違ってくるということだ。協会には、もっとこういう相手とのマッチメイクをしてほしいね。

収穫で言えば、特に若手の活躍が際立っていたね。2ゴールの南野は得点への意識が高くなって、落ち着いていた印象だった。さらに中島と堂安も持ち味を発揮していたし、守備でもよく走っていた。3人とも決定的な仕事をしたし、勝利の立役者と言える。 一般的にはそこまでではなかった3人の知名度は、ウルグアイ戦で一気に高まったことだろう。ロシア・ワールドカップまで「ビッグ3」と呼ばれていた香川、本田、岡崎に代わって、「リトル・ビッグ3」のスタートを感じさせたよ。ワールドカップで活躍した乾もこれから招集され、怪我で今回招集を辞退した小林が復帰したら。攻撃陣の競争はさらの熾烈になりそうだ。

ニュースターの台頭という成果を得た一方で、課題も浮き彫りになったね。ウルグアイ戦は、初めて森保ジャパンの守備力が試された試合でもあった。勝利に浮かれるのも良いけど、3失点したことを忘れてはいけない。ワールドカップでレギュラーだった吉田、長友、酒井が揃っていたけど、あまりにミスが多くて安定感を欠いていたよ。

自陣でパスを奪われて、あわやという場面がいくつもあったし、セットプレーでは完全に後手に回っていた。実際にCKから1失点してしまったし、東口のファインセーブに助けられたゴディンのヘディングにも肝を冷やされた。もしも、相手にスアレスがいたらもっと大量失点して、負けていたかもしれない。 また気になったのは、柴崎の不調だ。運動量も少なく、球際で競り負けるシーンが少なくなかった。ワールドカップでのプレーとは程遠い出来だったね。所属クラブで出番を得られていないせいでコンディションが上がっていないのは、明らかだったよ。

吉田や原口だってクラブでは今、レギュラーを掴めていない。ウルグアイの選手は、クラブに帰ったら、パリ・サンジェルマンや、アトレティコ・マドリーや、ユベントスなどのレギュラーとして、第一線で活躍する。これでは、どちらが勝者か分からないよ。

ハイレベルな戦いをコンスタントにこなさなければ、せっかく勝って得た自信も発見も無駄になってしまうよ。欧州リーグはまだまだ続くのだから、11月シリーズまでには、チームで出番を増やしてほしい。ウルグアイ戦の勝利が復調のきっかけになれば良いのだけど。 さらに、ワールドカップ組と若手との融合という点でも物足りなさが残った。後ろの“先輩”が守って、前線の“後輩”が自由に攻撃を仕掛けるという、一見バランスの良いシステムに見えたかもしれないけど、お互いの息が合っていたとは言えない。

3点目のシーンが印象的だったとはいえ、右サイドの堂安と酒井、左サイドの中島と長友のコンビネーションで崩すシーンは、決して多くなかった。

堂安、中島、南野のイケイケな3人組のスピード感に、ワールドカップ組がついていけていなかったように見えた。こぼれ球に反応してゴールを決めた大迫だって、決定機をフイにしていたよね。本来なら、引っ張っていかなければいけない立場なのに、やや心許ない印象を受けてしまったよ。

とはいえ、ウルグアイに勝利したのは、ポジティブに捉えて良いのではないかな。今後求められるのは、継続性だ。南野、中島、堂安だって、この調子を維持しなければいけない。例えば一時期は波に乗っていた久保や宇佐美も、今は定着できずに、代表メンバーから外れてしまっているよね。世界的なスターは、いついかなる時でも結果を出しているものだよ。 チームとしても、この勢いのままアジアカップに乗り込まなければいけない。これで11月シリーズのベネズエラ戦とキルギス戦で、不甲斐ない姿を見せたら、まったく意味がないよ。

しっかり連勝を続けて、アジアカップできちんと優勝してほしい。期待値が上がっているこれから、森保ジャパンの真価が問われそうだ。

【日本代表】ウルグアイ戦を彩った「美女サポーター」

【日本4-3ウルグアイ|採点&寸評】MOMは3戦連発弾を含む2ゴールの南野!大迫、堂安、中島も躍動

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
初陣から4連勝目指す森保監督「笑顔で帰ってもらえるように」
清水桜が丘の猛攻を粘り強い守備で封じた静岡学園が1-0で決勝進出!:静岡
本田圭佑が急行し指揮もカンボジア4失点逆転負け
[MOM2705]浜松開誠館DF山田梨功(3年)_相手の状況を見て、判断して完封勝利と先制弾
森保監督4連勝へ「成長示す戦いに」主将に吉田指名

サッカー日本代表のランキング

最近人気のあったニュース

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加