キム・カーダシアン、布粘着テープで体型矯正

キム・カーダシアン、布粘着テープで体型矯正

  • ナリナリドットコム
  • 更新日:2019/11/15

キム・カーダシアン・ウェストは、昔、ガッファーテープ(布粘着テープ)を使い、自身の体型を整えていたそうだ。自身の補正下着ブランド「スキムズ」の新作としてボディテープを発表したキムだが、開発には、ガッファーテープを使い、胸を強調させていた過去の経験が活かされているという。

No image

インスタグラムストーリーでキムはこう話している。「かなり興奮気味。今日バストアップテープの発表をお知らせするわ。3種類の肌色を用意しているわ。ボディテープって呼んでもいるんだけど。こういうテープってだいたい1色展開じゃない。この商品の開発に長い間時間をかけてきたの。今まで違う濃淡の色を出していたテープなんてなかったと思う。私がやり始めた頃はガッファーテープで、もちろん最悪の着け心地。でも今回の私達のアイテムは本当に柔らかくて伸びも凄い。でも伸び切るわけじゃない。それでホールドしなきゃいけないわけだし。とにかく伸びのバランスが完璧なの」そんなキムは以前にもボディテープの秘技を明かしていたことがあった。「あなた達に私の秘密のテープ使いを教えてあげなきゃね!撮影で完璧な胸の谷間を作る秘密のトリックよ。テープで胸を巻いてめちゃくちゃ上げる。ちょっとコツがいるけど、私を信じて、やる価値はあるから。ダクトテープ、ガムテープ、マスキングテープあらゆるものを使ったけど、一番はガッファーテープだった!くっつきが最高なの。バストアップの際はローションやオイルを塗らないこと。取り外す時は覚悟してね」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
井口綾子、イケメン芸人・バッドナイス常田と“同棲”開始 すっぴん部屋着姿にも絶賛の声<ダブルベッド>
神田沙也加に“偽装離婚説”が浮上!? 上映中の映画『アナ雪2』の違約金回避が目的か
“飛び出すHカップロケット乳” 山本ゆう、大迫力まんまるバストに熱視線
女優・松本ちえこさんが逝去、60歳『バスボン』のCMで大ブレイク
前澤友作氏、剛力彩芽との破局理由を初告白 坂上の指摘に「僕が悪い」とも
  • このエントリーをはてなブックマークに追加