最新ランキングをチェックしよう
THE ALFEE高見沢俊彦、初の小説『音叉』刊行決定。書き下ろし短編も収録

THE ALFEE高見沢俊彦、初の小説『音叉』刊行決定。書き下ろし短編も収録

  • BARKS
  • 更新日:2018/04/18

THE ALFEEのリーダー・高見沢俊彦の初の小説『音叉』(読み:おんさ)が7月13日に書籍刊行される。

「高見澤俊彦」名義で執筆された『音叉』は、学生運動やフォーク、ロック喫茶など、若者文化が花開いた70年代が舞台。バンドとしてプロデビューをめざす若者の恋と葛藤を描いた青春小説だ。

2017年8月22日発売の小説誌『オール讀物』9月号(文藝春秋)にて第1話を発表、11月号で第2話、2018年

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

漫画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ONE PIECE21周年記念のジャンプに「食戟のサンジ」やFischer’sとのコラボ
『りぼん』最大発行部数255万部時代の“ふろく”本発売 表紙は矢沢あい氏の描き下ろし
「僕が終わるのは、僕の自由」 尾田栄一郎先生が『ONE PIECE』を「終わらせる時」について語る
週刊アスキーNo.1188(2018年7月24日発行)
松浦だるま「累」が次号イブニングで完結、他人の顔を奪う口紅を巡るサスペンス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加