インディアンスが3連勝でWS進出王手! バウアーが初回緊急降板も競り勝つ

インディアンスが3連勝でWS進出王手! バウアーが初回緊急降板も競り勝つ

  • フルカウント
  • 更新日:2016/10/19
No image

ドローンで負傷の右腕が流血アクシデントで降板も…逆境乗り越えて3連勝

ア・リーグのリーグ優勝決定シリーズは17日(日本時間18日)、インディアンスが敵地でブルージェイズを4-2で下し、無傷の3連勝を飾った。これで19年ぶりのワールドシリーズ進出に王手をかけた。

初回、ナポリの適時二塁打で1点を先制したインディアンスだったが、その裏アクシデントに襲われる。先発のバウアーが右手指付近から流血し、初回途中に緊急降板。右腕は小型無人機ドローンで右小指を切る怪我を負っており、最悪な形での降板となった。

マウンドを引き継いだオテロは2回先頭のソーンダースに同点ソロを被弾。嫌な雰囲気が漂ったが、4回先頭のナポリが勝ち越しソロをマーク。5回に一時追いつかれるも、6回先頭のキプニスのソロ弾で再び勝ち越し、直後、ラミレスにもタイムリーが飛び出してリードを2点に広げた。

インディアンスは8回途中からミラーを送り込み、リードを死守。7投手をつぎ込む継投でブルージェイズに競り勝った。本拠地で2連勝し、敵地でも逆境を乗り越えて勝利。ワールドシリーズ進出へあと1勝に迫った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ここにも日米格差が...?オフシーズン、野球選手は何をしているのか
ムネの復帰を福田が熱望
アストロズがベルトランを獲得へ 米記者の予想で青木はスタメンに入らず
米記者は「敗者」に“分類“!? 大谷翔平はMLB新労使協定の影響を受けるのか
韓国出身の大投手が“不名誉ランキング”に選出 MLBの「最悪なFA契約」で3位
  • このエントリーをはてなブックマークに追加