不倫問題でも株価上昇のアマゾン、ベゾスの資産額は16兆円に

不倫問題でも株価上昇のアマゾン、ベゾスの資産額は16兆円に

  • Forbes JAPAN
  • 更新日:2019/03/25
No image

アマゾンのジェフ・ベゾスは、米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が先週、彼の不倫問題発覚の経緯を報じたため、再びタブロイド紙の注目の的となった。WSJは3月19日、ベゾスの不倫相手の兄が、ベゾスの交際相手のローレン・サンチェスとベゾス間のメッセージを、20万ドル(約2200万円)でタブロイド誌に売っていたとの記事を掲載した。

しかし、新たなスキャンダルが発覚した一方で、ベゾスの資産額は先週1週間で、84億ドル近い上昇となった。1週間の上昇幅としては、昨年11月にアマゾンが記録的なサイバーマンデー売上を記録し、株価上昇を遂げて以降、最大のものになった。

アマゾンの株価は3月18日から21日にかけて、約7.9%の上昇となり、ベゾスの資産額は1453億ドル(約16兆円)まで膨らんだ。彼の資産額は、2月の初旬には1310億ドル(約14.4兆円)だった。現在55歳のベゾスは、アマゾンの発行株式の16%を保有している。

アマゾンはここ最近、新たな領域への進出を進めており、3月20日には同社初の自社のスキンケア製品の「Belei」シリーズの立ち上げを宣言した。12アイテムで構成されるBeleiシリーズは、40ドル程度で販売され、ビタミンC入りの保湿剤やチャコールのマスクなどを揃えている。

「アマゾンは今後、美容製品のコア市場で最大10%程度のシェアを獲得する可能性がある」と、投資銀行ジェフリーズのアナリストStephanie Wissinkは投資家向けのメモで述べている。

アマゾンのニューヨークにおける第2本社設立計画が頓挫した1ヶ月後に、同社のバージニア州北部での支社設立に向けた、助成策が地元自治体で承認された。この助成策は、アマゾンが2035年までに600万平方フィート(約56万平方メートル)のオフィスを建設した場合、2300万ドルの支援金が受けられるものだ。

アマゾンはバージニア州アーリントン郡の第2本社建設に、20億ドル以上を投資する計画で、今後の12年間で2万5000名以上の高収入な新規雇用を創出すると述べている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加