ソフトバンク内川が2年ぶり侍ジャパン入りへ

ソフトバンク内川が2年ぶり侍ジャパン入りへ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/10/19
No image

ソフトバンク内川

ソフトバンク内川聖一外野手(34)が、11月にメキシコ、オランダと強化試合を行う侍ジャパンのメンバーに選出されることが17日、分かった。

今季は不動の4番として打率3割4厘、18本塁打、自己最多の106打点と活躍し、主将としてもチームをけん引した。昨年11月のプレミア12のメンバーにも選ばれていたが、CSで肋骨(ろっこつ)を骨折。出場を辞退しており、14年の日米野球以来、2年ぶりの日本代表選出となる。

内川は09年、13年と2大会連続でWBCにも出場しており、小久保監督からもベテランのリーダーシップを高く評価されている。来年3月に行われる第4回WBC出場を目指し、まずは2年ぶりの代表で存在感を示す。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
各球団発表、12月2日の契約、退団、育成契約、入団テスト合格は?
実家で今年引退の競走馬モーリス育成、西武戸川の決意「自分が名前を売っていく」
阪神高山、進化へ掲げた課題 ボール球の見極め→三振減→出塁率アップ
小池知事“引き続き、横浜の可能性も検討”
球児、狙う通算防御率1点台 野村元監督の教え胸に巻き返す
  • このエントリーをはてなブックマークに追加