東北道・佐野SA(上り)が突然の営業休止 運営会社従業員のストライキか、NEXCO東日本「事実確認中」「営業再開急ぐ」

東北道・佐野SA(上り)が突然の営業休止 運営会社従業員のストライキか、NEXCO東日本「事実確認中」「営業再開急ぐ」

  • BIGLOBEニュース
  • 更新日:2019/08/14
No image

画像は「ドラぷら E-NEXCOドライブプラザ」スクリーンショット

東北自動車道の佐野サービスエリア(上り)が14日未明から突如、営業を休止している。NEXCO東日本は取材に対し、「事実確認中」としながらも「営業再開を急ぐ」とした。

佐野サービスエリアでは、売店やレストラン、フードコートの営業を14日未明から休止。佐野サービスエリアを訪れた人からは、従業員からとみられるストライキ実施の声明文が掲出されていたという報告が相次いでいる。SNSに投稿された声明文によると従業員らは、「佐野SA上り 運営会社ケイセイ・フーズ(社長の氏名)社長の経営方針についていけません。これは従業員と取引先のみなさんの総意」だとして、「解雇された部長と支配人の復職と、経営陣の退陣」を求めている。

営業休止はストライキによるものなのかNEXCO東日本に確認したところ、テナントの問題については通常介入していないとのこと。しかし、今回は利用客に大きな迷惑をかけているとして、事実の確認を行っていると回答した。NEXCO東日本は、現地で聞き取り調査などを行い「現在、営業再開に向けて準備を急いでおります」とし、「お客さまには大変ご迷惑をおかけし申し訳ございません」と謝罪した。

なお、佐野SA(上り)のガスステーションやロードサイドのミニホテル「ファミリーロッジ旅籠屋・佐野SA店」は通常どおり営業。佐野SA(下り)の施設も利用することができる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ドイツ銀行大リストラを招いた、いまどきの「銀行と金融」の致命的弱点
大阪経済のポテンシャルが凄い 五輪開催の東京をついに抜いた
ANA「女性登用は不公平」にどう対処したか
米国のコピープログラムを脱皮、4年目の「500 KOBE」に変化
韓国「反日運動」の直撃を受けて、株価が下がる「意外な会社」の名前
  • このエントリーをはてなブックマークに追加