黒潮「大蛇行」さらに南下 漁業への影響懸念

黒潮「大蛇行」さらに南下 漁業への影響懸念

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/12/06
No image

黒潮の流れが大きく南へ曲がる「大蛇行」が、さらに南下して前回の2004年と並ぶまで拡大していることが分かりました。

黒潮は今年8月からは紀伊半島沖でいったん、南に向きを変えた後、U字形に大きく蛇行して伊豆半島沖で通常の位置に戻る大蛇行していることが確認されています。海上保安庁によりますと、11月30日に測量船で観測した結果、黒潮は11月3日に観測した時に比べて、さらに20キロ南下して蛇行の幅を広げたことが分かりました。その結果、黒潮は静岡県沖から約370キロ南の北緯31.2度付近まで達し、前回の2004年と同規模まで拡大しているということです。黒潮の大蛇行は南下するほど長期化する傾向があり、前回は1年2カ月継続しました。東京海洋大学の吉田次郎教授によりますと、「カツオやイワシ、サバなどの漁場が通常と異なる場所に形成されるといった漁業への影響が懸念される」としています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
警察に捕まる人が続出?韓国人が日本の道路で困惑するもの=韓国ネット「地獄のよう」「見た瞬間、怒りが...」
千葉・幕張メッセで東京五輪に向けたテロ訓練
ショック!あの元アイドルが「大人の男性向け派遣サービス店」で窃盗していた
【報ステ】異音・異臭...新幹線で重大インシデント
「実現不可能だった」地下鉄・銀座線の誕生の秘密...知られざる90年の歴史
  • このエントリーをはてなブックマークに追加