【MotoGP 日本GP】ケンウッドがイベントブース初出展、多彩な音と精細な映像を体感できる内容に

【MotoGP 日本GP】ケンウッドがイベントブース初出展、多彩な音と精細な映像を体感できる内容に

  • レスポンス
  • 更新日:2019/10/20
No image

MotoGP 日本GP ケンウッドブース

もっと画像を見る
10月18日からツインリンクもてぎで開催されている「2019 FIM MotoGP 世界選手権シリーズ第16戦 MOTUL 日本グランプリ」。ケンウッドは様々な音と映像の体験ができる特設ブースを初出展した。

ケンウッドを代表する“音”を体感できるよう、スピーカーやヘッドホンが映像付きで体験可能なモニター一体型の試聴ブースを設置。“映像”については、モニターだけでなく、カーナビゲーションやドライブレコーダーなど、さまざまな需要に応えられるケンウッドのカー用品が展示されている。

MotoGPを主催する運営団体「DORNA」で使用されるスタッフ同士の無線システムには、昨シーズンからケンウッド製品が採用されている。今回のブースでは、MotoGPの現場で実際に使用されている機材も展示。実際にサーキットのさまざまな場所でスタッフが使用しており、普段はなかなか見ることのできない貴重な製品だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Windowsに複数の脆弱性、アップデートを
【速報】16インチMacBook Pro発売!キーボード刷新、15型から値下げ
宇宙に「低スペックなCPU」しか持って行けない理由とは?
いらなくなりつつある開発者スキル5選
デリバリーロボが地図なしで配達先のドアを自力で見つける方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加