ハイプレッシャーでベルギー撃破なるか...浅野拓磨、狙うは豪州戦の再現

ハイプレッシャーでベルギー撃破なるか...浅野拓磨、狙うは豪州戦の再現

  • サッカーキング
  • 更新日:2017/11/12
No image

レギュラー定着を狙う浅野拓磨 [写真]=新井賢一

ブラジル代表との国際親善試合から一夜明け、日本代表は14日のベルギー代表戦に向けてフランスで調整を行った。

後半アディショナルタイム、途中出場の浅野拓磨に決定機が訪れるも仕留めきれず。前線はポジション争いが熾烈を極めるだけに、レギュラー定着には得点という明確な結果がほしいところだ。

「ポジションを奪うことは常に意識しています。自分もスタメンを確立できるようなパフォーマンスを常に出していかないといけない」

次戦の相手は世界屈指の強豪国ベルギー。ブラジル戦は「後半から前がかりになって、悪くはなかった」と一定の手応えは感じている。トライしたい部分について、浅野は「立ち上がりから、どんどんボールを奪いに行った時、どういうゲーム運びになるのか。チームとしても楽しみな部分ではある」と自身がスタメンで出場し、決勝点を挙げたオーストラリア戦のようなハイプレッシャーを挙げた。

ベルギーに対しては「ブラジルと同様、一人ひとりの個の能力はすごく高い」印象を持っている。「勝ち負けどうこうの前に、まず自分たちが持っているものをすべて出し切ることが大事だと思う。変なことを考えずに持っているものをぶつけて、ピッチに立てれば走れなくなるまで走ろうという気持ちでプレーできたらいい」と、強豪国撃破へ全力プレーを誓った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
相手は流経柏か、市船か...初出場の大分西は主将「うれしい」指揮官「最高!」と前向き
<野球>韓国、日本に惨敗も「得るものあった」と前向き=韓国ネット「日本がうまくやったのではなく...」
“雪辱”を晴らすのは...接戦勝ち上がった実践学園と滝川二が初戦で激突
2点差追いつかれる苦しい展開...高川学園が粘る西京を退けて県内3冠達成:山口(14枚)
ストリートダンスの聖地に 「DA PUMP」のKENZOさんが北九州市訪問
  • このエントリーをはてなブックマークに追加