強迫性障害と闘うセレブ達 アマンダ・セイフライドは「11年間薬を服用」告白

強迫性障害と闘うセレブ達 アマンダ・セイフライドは「11年間薬を服用」告白

  • Techinsight
  • 更新日:2016/10/20
No image

アマンダ・セイフライド、「強迫性障害で薬をのみ始めて11年」と告白

映画『マンマ・ミーア!』や『レ・ミゼラブル』などで知られる人気アメリカ人女優アマンダ・セイフライド(30)が、強迫性障害を患っていることを告白。さらに「すでに薬の服用を始めて11年が経過している」と明かし、断薬する予定もないと語った。ちなみにいくつもの症状・パターンがあるとされるこの病気だが、アマンダの場合は「自分が重病なのではないか」という不安感にとらわれていたとのこと。結果MRI検査まで受けたというが、「ここに受診を」と紹介された先の医師は精神科医だったという。

このほどアマンダ・セイフライドが『Allure』の取材に応じ、長年患っているという強迫性障害につき、こう語った。

「ずっとレクサプロという薬を服用しているの。今後も絶対に服用はやめないわ。」
「19歳の頃からのんでいるから、もう11年になる。服用するのはごく少量よ。服用を止める意味はないと思っているわ。偽薬だろうが何だろうが、服用を中止することでリスクをおかすのは嫌なの。」

ちなみにアマンダは、いわゆる“疾病恐怖”に苛まれていたという。

「そうなの。健康状態にひどく不安に感じていたわ。それも強迫性障害のせいだったの。自分の脳に、腫瘍ができたと思いこんでしまったのよ。」

そこでMRI検査を受けたが問題は皆無。担当医からは精神科医を受診することを勧められたという。そしてセラピーを受け薬を服用するようになったというが、その甲斐あって今は症状もずいぶん軽くなっているそうだ。

「ええ。年齢を重ねるごとに、そういう思考や不安はずいぶん減ったわ。自分の不安が事実に基づくものではない。そう知ると、うんと楽になれるわよ。」

精神疾患については「気おくれして受診しにくい」「人に知られたくない」という声もあるが、アマンダは「そう感じる必要などない」としてこう述べている。

「セラピーを受けることで、うまく日々の生活を乗り切れるんだもの。こう思うようにしているわ。心臓に問題があれば病院に行く。目に感染症が出れば、眼科に行くわ。それと同じこと。自分の管理はしっかりしなきゃ。」

ちなみに強迫性障害に悩むセレブは多く、アンジェリーナ・ジョリーの元夫ビリー・ボブ・ソーントン、ドナルド・トランプ、キャメロン・ディアス、チャーリー・シーンらもこの病気による不安感に悩まされているという。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外セレブカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ジジ・ハディッド、橋本病との闘いを告白 「もう2年経つの」
乳がんを早期発見できなかったのはマネージャーのせい!今度は女優の夫が訴訟
ルイ・トムリンソンの母が白血病で死去 1Dメンバーらも「胸が張り裂けそう」
つまらない白人と暴言...ラッパーの被害届は不起訴 ラッセルの行動は正当
マッドマックスのトム・ハーディーがディカプリオとの賭けに負けて「屈辱的なタトゥー」を入れるハメに!

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

おすすめの特集

おもしろい・役立つ記事をピックアップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加