最新ランキングをチェックしよう
「ハッブル宇宙望遠鏡」の姿勢制御装置が故障 - 観測への影響は軽微

「ハッブル宇宙望遠鏡」の姿勢制御装置が故障 - 観測への影響は軽微

  • マイナビニュース
  • 更新日:2018/10/11

米国航空宇宙局(NASA)は2018年10月9日、「ハッブル宇宙望遠鏡」にトラブルが発生し、科学観測を停止したと発表した。

トラブルを起こしたのは、「ジャイロ(ジャイロスコープ)」と呼ばれる、機体の姿勢を検出・測定する装置。これまで使っていたジャイロのひとつが寿命により故障したため、別のジャイロに切り替えたものの、正常に動作しなかった。

NASAは復旧に向けて取り組んでいるが、仮にこのジャイロ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
中国人研究者が発表 「ゲノム編集ベビー」が絶対に許されない理由
人類にとって一番「住み心地のよい星」は、今のところ火星だ
木星の表面を泳ぐイルカの姿を探査機「ジュノー」が観測に成功
地球の地下世界には特殊な環境に生きる生物たちが独自の生態系を作り上げていた。
遺伝子組み換えとどこが違う? 食卓を魅力的に変える「ゲノム編集」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加