王者江畑佳代子は初防衛戦、3・8女子ダブル世界戦

王者江畑佳代子は初防衛戦、3・8女子ダブル世界戦

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/02/15
No image

江畑佳代子

ボクシングの女子ダブル世界戦が15日に発表された。3月8日に東京・後楽園ホールで、WBOライトフライ級王座決定戦ではチャオズ箕輪(30=ワタナベ)と天海ツナミ(33=アルファ)が対戦する。WBOミニフライ級王者江畑佳代子(42=ワタナベ)は、パク・ジヒョン(32=韓国)との初防衛戦を迎える。

チャオズは全日本7連覇の実績があり、16年プロデビューから6戦目での世界挑戦となる。天海は09年にWBAスパーフライ級に次いで階級制覇がかかる。この王座は5階級制覇した藤岡奈穂子(竹原慎二&畑山隆則)が返上したもの。

メインの江畑は初挑戦から7年目にして、昨年5度目の挑戦で悲願の王座についた。この日は女子のみの興行となり、東洋太平洋1試合と日本王座戦3試合もあり、6大タイトル戦となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「豆腐プロレスin愛知県体育館」興奮の坩堝、ハリウッドJURINAマットに沈む
吉田は23位〔五輪・距離スキー〕
珠理奈敗れる「負けから始まる人生もある」豆腐プロレス第2弾
吉田、上位との差痛感〔五輪・距離スキー〕
  • このエントリーをはてなブックマークに追加