進化を続けるアトレティコの”10番”の争奪戦が始まるか

進化を続けるアトレティコの”10番”の争奪戦が始まるか

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2016/10/19
No image

アトレティコ・マドリーのヤニック・カラスコ【写真:Getty Images】

進化を続けるアトレティコ・マドリーのMFヤニック・カラスコに多くのビッグクラブからの目が注がれているようだ。17日、スペイン紙『アス』が報じている。

先日のリーガエスパニョーラでは、キャリア初のハットトリックを達成したカラスコ。アトレティコは2020年6月までとなっている、この成長著しいベルギー代表選手との契約期間の延長と、現在4000万ユーロ(約45億7000万円)と設定されている違約金の引き上げを目論んでいる。

しかし、同紙では、すでにこの23歳のMFには多くのクラブから手が伸びていると報じている。特に熱心なのがマンチェスター・ユナイテッドとマンチェスター・シティの両チームということだ。また、パリ・サンジェルマンも、カラスコのFWとしての能力を探っており、現エースのエディンソン・カバーニが去った際の後釜とも考えているようだ。

そんな中で、当のカラスコはアトレティコに満足しており、とりわけディエゴ・シメオネ監督とのプレーを望んでいると同紙は指摘する。クラブ側も同選手の価値を認識しており、年俸の増額を図ろうとしている。果たしてアトレティコはこの若き才能をビッグクラブから守り抜くことができるのか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
シャペコエンセ、墜落事故の犠牲者に本拠地で最後の別れ
浦和が横浜M・榎本獲りへ もう2位はうんざり王座奪還へ補強
CS決勝の判定で物議...家本政明主審がSNS閉鎖「これまで多々我慢してきましたが...」
金森さらばアビスパ福岡 J1王者鹿島へ フル代表目指し苦渋の決断
「これはサッカー史に残る!」GKによるビューティフルな劇的ゴールが決まる(動画)

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加