セパ同日M1は24年ぶり 93年ヤクルト&西武以来

セパ同日M1は24年ぶり 93年ヤクルト&西武以来

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/15

◇セ・リーグ 広島5―4DeNA(2017年9月14日 マツダ)

No image

マジックを1とし、ハイタッチをかわす広島ナイン

広島の優勝が持ち越しとなり、最短優勝決定日がソフトバンクと同じ16日になった。両リーグの優勝球団が同日に決まると、58年10月2日の巨人、西鉄以来59年ぶり4度目。ともに自力で同日Vとなれば史上初となるがどうか。パが前後期制を採用していた81年には、9月23日に日本ハムの後期優勝と巨人のリーグ優勝が決まった例もある。

両リーグの首位チームが同日にマジック1となったのは93年10月11日のヤクルト、西武以来24年ぶり。ただし、この年は西武が10月3日にM1としながらその後11日まで0勝4敗1分けと足踏み。ヤクルトは10日のM3から翌11日の中日戦に勝ち、マジック対象の中日が敗れ一気に2つ減らしM1としたもの。

現行のマジックナンバーが普及された70年以降では、87年に巨人が10月7日、西武が翌8日にM1としたのが最も近いケース。同日にそろってM1となったのは初めてだ(パの2期制時を除く)。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
巨人戦で左翼スタンドから物が投げ込まれる 福留の頭上を通過
清原Jr.勝児君が巨人ジュニア内定  武器は父譲りの強打
大谷翔平MLB移籍濃厚で女子アナが大焦り
広島連覇のカギはスカウトにあり「絶対誠也がいい」
昨季はマツダでビールの売り子 STU48瀧野「本当に最高」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加