ソフトバンク松本裕14日本ハム戦先発へ状態↑↑

ソフトバンク松本裕14日本ハム戦先発へ状態↑↑

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/11
No image

佐藤義則投手コーチが見守る中、投球練習する松本裕樹(撮影・今浪浩三)

ソフトバンク松本裕樹投手(21)が14日の日本ハム戦(京セラドーム大阪)に先発し、「鷹の祭典」のフィナーレを勝利で飾る。

今季の鷹の祭典は8試合行われるが、松本裕はヤフオクドーム5試合以外の北九州、東京ドーム、京セラドームと3カ所で先発する。「1回も負けていないが、(自分が)勝っていない。今度は自分に勝ちがついて、チームに勝ちがつくようになりたい」。

7月19日西武戦(北九州)は4回3失点、同31日の日本ハム戦(東京ドーム)は4回2/3、3失点と5回持たずもチームはいずれも勝利している。

この日は午前中に東京から福岡へ戻り、ヤフオクドームで汗を流した。2試合中継ぎを経験し「しっかり腕を振ることができた。変化球もついてきて、全体的によくなった」と、状態を上げている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
不祥事・山口が謝罪 本当に検討されていた契約解除
巨人V10阻止、赤ヘル軍団「生みの親」...球史に名を残した歴代外国人監督
あの宇部商「サヨナラボーク」の真実を、捕手・上本達之が明かす
仙台育英、九死に1勝!背番16・馬目が“控えの意地”で決めた
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加