侍・岸孝之“血染め”の力投、5回途中3失点 球数での交代直後に成田が被弾

侍・岸孝之“血染め”の力投、5回途中3失点 球数での交代直後に成田が被弾

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/11/10
No image

5回途中、降板する日本代表・岸孝之=東京ドーム(撮影・堀内翔)

「日米野球、侍ジャパン-MLBオールスター」(9日、東京ドーム)

侍ジャパン・岸孝之投手(楽天)が、序盤に指から出血するアクシデントに見舞われながら力投し、五回途中3失点だった。

緩急自在の投球で、強力打線を翻弄(ほんろう)した。初回、1死からモリーナを113キロのカーブで空振り三振。二回は、ホスキンスをキレのある141キロ直球で空振り三振に仕留めた。

三回はロサリオにチェンジアップをたたかれ、左翼席へソロ被弾。先制点を献上した。右手から出血し、ユニホームに付着。その影響も心配されたが、安定感を失わず。四回はソト、スアレスから連続三振を奪い、存在感を示した。

五回は連打で無死一、二塁。9番メリフィールドを三振に仕留めたところで球数制限80球を超え、交代となった。代わった成田がサンタナに3ランを打たれ、岸は3失点となった。

今季、岸は安定感抜群の投球で、防御率2・72。リーグ最優秀防御率のタイトルを獲得した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
侍上林、全戦安打で強烈アピール 五輪外野譲らない
ギータ 強烈なインパクト残す 日米野球は「いやあ、楽しかった!いいことだらけ」
あの俊足プロ野球選手のひざ痛を克服させた「コウノエベルトスパイク」の秘密【前編】
プロ野球「嫌われ球団」を全国調査! 総合1位は巨人、でも地域別に見ると...
ベーブ・ルースを超えた?! 大谷翔平の「outdintance」な新人王レース(井津川倫子)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加