新幹線の窓にひび 上下線64本が徐行 小倉-博多間

  • 西日本新聞
  • 更新日:2017/10/13

12日午後3時半ごろ、山陽新幹線の小倉-博多間を走行中の新大阪発博多行き「こだま741号」(8両編成)で、2号車の窓ガラス1枚にひびが入っているのが見つかった。

JR西日本によると、窓は二重構造で、外側のガラスにクモの巣状のひびが入っていた。同区間は原因調査のため上下線64本が徐行運転し、1万7100人に影響が出た。

=2017/10/13付 西日本新聞朝刊=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
銀座のど真ん中で「カート」事故 観光の韓国人男性
1000円払って女子生徒に授業代行、定時制の男性教諭を戒告
アップルパイのガイドマップがある街 47店を網羅、味5段階評価の本格派
厚労省“ブラック企業リスト”にヤマト運輸が追加 計476社に
市役所に「鯉係」も 郡山が鯉の普及に躍起になる理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加