【MLB】主力大量放出で揺れるマーリンズ、獲得したばかりの二塁手までトレード志願

【MLB】主力大量放出で揺れるマーリンズ、獲得したばかりの二塁手までトレード志願

  • フルカウント
  • 更新日:2018/01/12
No image

今オフ既にヤンキースからマーリンズに移籍しているスターリン・カストロ【写真:Getty Images】

再建どころか“崩壊”危機!? イエリッチ&リアルミュートに加えてカストロも…

新オーナーに就任した元ヤンキースのスーパースター、デレク・ジーター氏のもとでチーム再建を進めるマーリンズ。しかし、主力の大量放出にはファンなどから批判の声があがっており、クリスチャン・イエリッチ外野手、J・T・リアルミュート捕手ら“新チーム”で主力になると見られていた選手からも不満の声が続出。リアルミュートは移籍を志願するなど、再建どころか“崩壊“とも言える状況となっている。そして、今オフにトレードでの加入が決まり、まだマーリンズで1試合もプレーしていない選手までもトレードを望んでいると、米メディアが報じている。

米誌「スポーツ・イラステレイテッド」は「スターリン・カストロはマーリンズからのトレードを求めている」とのタイトルでレポート。今オフ、ヤンキースへトレードとなったジャンカルロ・スタントン外野手の代わりに、若手投手らとともにマーリンズへの移籍が決まっていたカストロが、早くも放出を志願しているという。

この事実を最初に報じたのは、米メディア「ジ・アスレチック」の敏腕記者ケン・ローゼンタール氏。「スポーツ・イラステレイテッド」の記事は、この報道を受ける形となっており「ジ・アスレチックのケン・ローゼンタールによると、二塁手のスターリン・カストロはまだマーリンズでプレー経験はないものの、既にトレードされることを望んでいる。カストロは2010年から2015年まで所属したカブスの時同様、再建プロセスの一部となることを望んでいないのである」としている。

ドミニカ共和国出身のカストロは2006年、カブスに加入。07、08年と地区優勝を飾ったカブスだったが、カストロがメジャーデビューを果たした2010年はすでに低迷期に入っていた。その後、カストロは2015年オフにヤンキースへと移籍。カブスが2016年に世界一に輝いた一方、カストロも昨年は正二塁手としてヤンキースのリーグ優勝決定シリーズに大きく貢献した。

移籍先候補としてメッツの名前も挙がる

カブス時代のような、低迷するチームでプレーはしたくないというカストロ。スタントン、ディー・ゴードン(マリナーズ移籍)、マルセル・オズナ(カージナルス移籍)に加え、さらなる主力の放出が予想されるマーリンズが、今後数年は苦しい戦いを強いられる可能性は極めて高い。記事では「もしマーリンズが更なるプロスペクトを得るために彼(カストロ)を放出することを厭わないとなった場合ではあるが、ニューヨーク・メッツがスタントンがトレードされて間もなく、カストロに興味を抱いてると囁かれていた」と“移籍先候補”の名前までも挙げている。

チーム再建の際、高年俸の主力を放出して若手を補強するのはメジャー球団の常套手段だ。だが、代わりに獲得した有望株の質が良くないことや、黒字経営となった場合、ジーター氏に毎年100万ドル(約1億1100万円)以上のボーナスが支払われる契約になっていると地元紙が報じるなど、総年俸削減のための主力放出には波紋が広がっている。

記事では「マーリンズは、報道されたところによると、デレク・ジーターを含む新オーナー体制のもとで敢行されているファイヤーセールが続く中、クリスチャン・イエリッチ外野手とJ・T・リアルミュート捕手のオファーにも耳を傾けている。マーリンズのゴールは、開幕戦を迎えるにあたり総年俸を約9000万ドル(約100億円)に留めることだ」とも伝えている。獲得したばかりのカストロまで移籍するとなれば、ファンの失望はさらに大きなものになるかもしれない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大谷に贈り物したA・ゴンザレスがメッツと1年契約
【MLB】驚愕の高年俸! 今季最高トラウト約37.8億円 昨季阪神の年俸総額超える
イチローの日本球界復帰は将来、オリックス監督含みか
【MLB】Dバックスのキューバ人巧打者トマス、時速170キロのスピード違反で逮捕
【MLB】ヤンキース右腕セベリーノがダルビッシュ獲得を後押し「彼のような選手必要」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加