小谷将寿 TKO負けで王座奪取ならず

小谷将寿 TKO負けで王座奪取ならず

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/01/13

ボクシングの東洋太平洋スーパーフェザー級タイトルマッチ12回戦は13日、東京・後楽園ホールで行われ、同級1位の小谷将寿(30=平仲ボクシングスクール)は王者カルロス・マガレ(31=フィリピン)に10回50秒TKO負けし、王座奪取はならなかった。タイトル初挑戦だった小谷は25戦22勝(15KO)3敗、初防衛に成功したマガレは33戦22勝(11KO)8敗3分け。

No image

TKO負けし、コーナーでぼう然の小谷

小谷はじりじりと前進してボディーやフックを振るったが、左のガードが低く、序盤から相手の右オーバーハンドを再三被弾した。4回には左フックを浴びて右目上を切り、この回終了時の公開採点は0―2(38―38、37―39、37―39)とリードを許した。その後はマガレのプレッシャーを受けて後退する場面が多くなり、左右のフックを受けて何度もぐらついた。ボディーやアッパーで反撃したものの、8回終了時の公開採点は1―2(78―74、74―78、74―78)。9回に左アッパーから右の返しを浴びてダウンし、この回終了直前にも右アッパーで2度目のダウンを喫したが、終了ゴングに救われた。しかし10回、右ストレートを浴びてのけぞったところでレフェリーが試合をストップした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
村田諒太が“実験台”衣服型端末で最先端の情報活用
内藤哲也2年連続MVP「ベルト越え」存在感訴える
ジョシュアvsパーカー!ヘビー級3団体王座統一戦
【KNOCK OUT】“神童”那須川、キャリア最大のピンチ
山中、神戸でV1戦盛り上げる!「誰が見ても勝ちと思われる試合を」/BOX
  • このエントリーをはてなブックマークに追加