NMB渋谷ピアノ弾き語り完奏、1年がかりリベンジ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/10/20

AKB48と兼任するNMB48の渋谷凪咲(20)が19日、神戸ワールド記念ホールで行われた6周年コンサートで、昨年失敗したリベンジのピアノ弾き語りに挑戦し、見事に“完奏”した。

渋谷は昨年の5周年ライブで、ソロで「君と出会って僕は変わった」弾き語りに挑戦したが、途中で演奏を止めてしまうハプニング。今年は最後まで演奏を続けることができ「よかった。今(終わって)やっと、ホッとしています」と息を切らしながら、笑みを浮かべた。

リベンジを果たした渋谷は村瀬紗英(19)から「やることに意味がある」と、ねぎらわれると、「いや、もう毎日、毎日、練習の日々でした」と告白。太田夢莉(16)も「ほんとに毎日、劇場に行ったら、凪ちゃんがピアノ弾いてた」と証言した。

実は、渋谷にはピアノ経験がなく「楽譜もまったく分かんなくて、読めない。鍵盤の位置とニュアンスで覚えたんで、ずっと鍵盤見てたらおにぎりに見えてきた。もう2度とおにぎり、食べられないかも…」と苦闘の日々も告白した。

渋谷のピアノとの格闘は相当に壮絶だったようで、矢倉楓子(19)は「一緒に移動の時、凪ちゃんが寝てるから、写メ撮ろうと思ったら、白目むいてた」と明かしていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
高橋ジョージ「新事実」発言で、三船美佳への批判強まる
「スマスマ」香取慎吾のやる気のなさに視聴者から「甘ったれるな」の呆れ声
成宮寛貴より真っ黒?当局が本丸で狙う大物”美女アスリート”
高畑充希が坂口健太郎との交際を隠しきれなかった「2つ理由」
“全裸×指1本”絶妙な自撮りが流行中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加