最新ランキングをチェックしよう

照強が新十両、震災当日に淡路島生まれの関取最小兵

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/12/01

日本相撲協会は11月30日、福岡国際センターで初場所(来年1月8日初日、東京・両国国技館)の番付編成会議を開き、照強(てるつよし、21=伊勢ケ浜)、力真(りきしん、21=立浪)、坂元改め大奄美(だいあまみ、23=追手風)が新十両に昇進した。関取最小兵の168センチ、112キロの照強は、阪神・淡路大震災が起きた95年1月17日に被害が大きかった兵庫・淡路島で生まれた。震災から22年の初場所10日目を

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日馬富士が幕内トーナメントV「感動与える相撲を」
元横綱佐田の山が死去 79歳
白鵬「燃えていく」1年ぶりVへ気合 ケガの回復も順調
稀勢の里が初の東横綱、豪栄道かど番 新番付発表
稀勢の里 夏場所新番付で初の東横綱 土俵上での稽古再開は「明日からでも」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加