土屋太鳳の走るフォームにファン驚愕...! 50メートル走「13.9秒」惨敗理由

土屋太鳳の走るフォームにファン驚愕...! 50メートル走「13.9秒」惨敗理由

  • まいじつ
  • 更新日:2019/06/10
No image

(C)まいじつ

『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の看板企画「グルメチキンレース ゴチになります!」にレギュラー出演中の女優・土屋太鳳が、6月6日の放送回で得意の運動神経を発揮し、視聴者を驚愕させた。

【関連】『ゴチ』土屋太鳳に「空気読めない」「面白くない」バッシングが止まらず!ほか

この日の「ゴチ」は運動会シーズンにちなみ、「梅雨だけど大運動会SP」とのタイトルでさまざまなスポーツミニコーナーを実施。食事の合間に、『ナインティナイン』岡村隆史と『Sexy Zone』中島健人のダンス対決や、双眼鏡を装着した状態で行われるハードル走などが行われていった。

No image

A post shared by 土屋太鳳(@taotsuchiya_official) on Jun 6, 2019 at 3:14am PDT
Jun 6, 2019 at 3:14am PDT
from Instagram

最初に行われたのは、カメラとIT機能を活用した運動能力測定システム『ディグスポーツ』によるバーチャル50メートル走。同システムは、足踏みと腿上げの〝走る動作〟だけでタイムが計測できるため、その場で足踏みするだけでよいのだが、チャレンジャーは映像の錯覚からか左右にブレるような不安定さを見せてしまう。

体育大の実力はダテじゃない!?

一方、土屋は芯が通ったようなバランスのいい姿勢を保った上、手足の振りも素早く、走行フォームは完璧。さすがは日本女子体育大学在学中といった運動神経を見せ、ネット上には、

《フォームきれい過ぎだしブレてないし、さすが太鳳ちゃん》《ガチのランナーみたいですごい》《太鳳ちゃん走り方キレイ…》《もっと女の子走りかと思ってた》《乳揺れチャンスかと思ったら普通に走り方に見惚れてしまった…》《やっぱさすがは体育大って感じの走りだった》

などと、称賛する声が上がった。

しかし、見事な走りでバーチャル50メートル走を駆け抜けた土屋だったが、記録は13.9秒と俊敏な動きに反した数字が。すると、出演者からは「フォームがきれいでピッタリ立ってるから、センサーが感知できなかったのでは」とのコメントが飛び、それだけ美しいフォームであることが強調されていった。

土屋は性格も走り方も真っすぐな女性のようだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
隣に覆面パトカーがいるとは知らず、ありえないほど短い車間距離でアオって検挙された車がダサいと話題に!
アッコさんが正解!宮迫博之の「15分100万円ギャラ報道」にネット民が“高笑い”
闇営業よりヤバい!田口淳之介の供述で「お笑い界の超大物」が逮捕間近!?
ジャニー喜多川社長の容体、近いうちに重大発表か キンキ・TOKIO・KAT-TUNらも駆け付ける
元スーパー店員に聞いた! 「半額になると超マズくなっている商品」ベスト3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加