スウェーデンの「中国侮辱」番組責任者、謝罪の意思なし「中国人はユーモア分からない」=中国メディア一斉反発

スウェーデンの「中国侮辱」番組責任者、謝罪の意思なし「中国人はユーモア分からない」=中国メディア一斉反発

  • レコードチャイナ
  • 更新日:2018/09/25
No image

スウェーデンの「中国侮辱」番組責任者、謝罪の意思なし「中国人はユーモア分からない」=中国メディア一斉反発

24日、スウェーデンで21日夜(現地時間)に放送されたテレビ番組に中国と中国人を侮辱・攻撃する内容があったとして、中国国内で物議を醸している。写真は問題の番組。

2018年9月24日、スウェーデンで21日夜(現地時間)に放送されたテレビ番組に中国と中国人を侮辱・攻撃する内容があったとして、中国国内で物議を醸している。

香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストなどによると、問題の番組は、スウェーデンの公共テレビ局、スウェーデン・テレビ(SVT)が放送したコメディーショー。スウェーデンの首都ストックホルムで先日、地元警察が中国人観光客を粗暴に扱ったとして、中国政府がスウェーデン政府に抗議する事態に発展していたが、番組では中国人観光客が警察に強制排除された様子を撮影した動画を放送。警察官2人に両手両足を持ち上げられた中国人が「This is killing(これは殺人だ)」と何度も叫ぶシーンで、キャスター役がその口まねをし、そのシーンに笑い声をかぶせるなどの演出をした。

番組ではまた、現地リポートに見立てたコーナーで、女性リポーター役が「中国人がスウェーデンを訪れることを歓迎する」とした上で、「注意するようお勧めすることがある」とし、「歴史的建物の周囲で大便をしてはいけない」「あなたが犬を散歩に連れている人を見つけたとしても、彼は昼ごはんを買ってきたのではない」「私たちはナイフとフォークを使って食事をする。そして食事中には大便をしない」などと発言したという。

中国メディアの観察者網によると、在スウェーデン中国大使館の報道官は22日、番組の内容や出演者の発言が中国と中国人に対する侮辱・攻撃に当たるとして、STVに対し「強く抗議」したことを明らかにし、「人類が道徳的に許せるラインを超え、良心に挑戦するものであり、メディアの職業倫理に著しく違反している」などと非難した。

観察者網によると、同番組の制作責任者は中国側の抗議に対し、「謝罪する意思はない」とし、「中国人はユーモアとは何かを理解していない。彼らはわれわれの意図を誤解している」と述べたという。

この番組に対し、中国の各メディアは、「このような『ユーモア』をわれわれは受け入れない」(中国共産党機関紙の人民日報)、「傲慢(ごうまん)と偏見に満ちた荒唐な振る舞い」(中国国営新華社通信)、「驚くべき低品格」(中国国営中央テレビ)などと評し、一斉に反発している。(翻訳・編集/柳川)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大国に囲まれた悲劇。なぜ韓国はすり寄る相手を次々と変えるのか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加