最新ランキングをチェックしよう

リオ女王・登坂、靱帯損傷で全治3カ月 12月の全日本選手権は厳しい状況

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/10/17

レスリング女子でリオデジャネイロ五輪48キロ級金メダリストの登坂絵莉(東新住建)が左膝と左足首の靱帯を損傷し、全治約3カ月と診断されたことが17日、分かった。
 日本協会の栄和人強化本部長によると、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで合宿中だった14日に実戦形式の練習で負傷した。12月の全日本選手権への出場について、栄強化本部長は「本人は出たいと言っているが、分からない」と話した。

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
小宮山工介K―1復帰戦 人命救助で負傷、復帰戦延期も判定勝ち!
城戸康裕、木村ミノルともにタイトル挑戦に強い意欲
三宅宏実「いばらの道」東京五輪向け量から質へ変化
ジェームズ・トニー ジョシュアへメッセージ「ワイルダーとは米国で戦え」
K―1ボウニ暴走!初戦相手に頭突き、乱闘寸前に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加