木村拓哉のスター性の秘密は「ひとつひとつに全力」であること...三池崇史監督が証言

木村拓哉のスター性の秘密は「ひとつひとつに全力」であること...三池崇史監督が証言

  • シネマカフェ
  • 更新日:2016/11/30
No image

世界にその名を轟かせる三池崇史監督。2016年1月、京都で三池監督は映画『無限の住人』の撮影に挑んでいた。不老不死の肉体を持つ“傷だらけの侍”万次役として、現場の中心に力強く立っていたのは木村拓哉だ。彼と万次は「似ている」と、シンクロ具合にうなる三池監督。撮影が進むにつれて肌で感じたのは、「ひとつひとつに全力」という彼のまっすぐな姿勢だという。現場の三池監督を訪ね、「木村拓哉のスター性」について話を聞いた。

原作は、圧倒的な画力と斬新な殺陣描写により話題を呼んだカリスマ的人気コミック。不老不死の肉体を持つ侍・万次が、両親を殺された少女・凛(杉咲花)の用心棒となって、仇討ちのための戦いに身を投じる姿を描く。

撮影が敢行されていたのは、寒さ厳しい冬の京都。突き抜けるような青空、ピンと張りつめた緊張感のなか、三池監督の「OK!」の声がこだまする。記者が見学した日は、死屍累々が折り重なる壮絶な場で、万次と天津(福士蒼汰)が対峙するクライマックスが撮影されていた。木村さんと福士さんのスピーディーで、迫力満点のアクション。2人のにらみ合いは熱く、美しく、見ているこちらをゾクリとさせるものだった。

不老不死の存在感、アクションを具現化する能力、色気、本作の哲学を支えることができ人物として、「万次役に木村拓哉を」と強く望んだのは、三池監督自身だ。三池監督は「似ていますよ。運命的な役だと思う」と木村さんと万次が、「リンクする」と話す。「こういう運命的なものと出会っていく強さが、木村さんにはある。日本で唯一のスーパースターと言える人物ですよね。万次は、誰も知らない闇の世界に生きているヤツだけれど、もし万次もジャニーズに入っていたら結構、いい線行ったんじゃないかな(笑)」。

木村さんとのタッグは、「エンターテインメントを作っている人間としては、夢」と目を輝かせる。「当然ですが、毎朝木村さんが現場に来ますよね。来たよ! 万次、暴れているよ! 昼飯食っているよ! と思ったり。僕の母親も『いよいよあんた、木村拓哉と!?』とびっくりしていますからね」と楽しそうに笑い、「そうやって、80いくつのおばあちゃんでもすごいと思う人。そういう人間と作っていけるというのは、うれしいことです」。

木村さんを「スーパースター」と評した三池監督だが、「コツコツなんだと思う。ひとつひとつに全力」と何事にも真摯に取り組む姿勢こそ、そのスター性を保つ秘訣だと感じたそう。万次は片目を失っている男であるため、木村さんは特殊メイクを施して、片目をふさいでい

る。その片目での演技からも、三池監督は木村さんのひたむきさをひしひしと感じられたと言う。

片目での撮影の大変さは、想像以上だろう。三池監督は「メイクをして目をつぶすとなると、朝5時半くらいから仕度をして夜中まで、ご飯を食べるときも含めてずっと、片目でいることになるわけです。普通、そんなの発狂しますよ! しかも立ち回りもあるから、距離感もわからなくて、危ない。普通に考えたら絶対に無理だよね」と考えられないことだと話す。

「映画的な話をすると、後ろ姿のシーンもあるから、目が開いていても大丈夫なカットもあるわけです。でも木村さんは、片目をふさぐことを選んだ。『万次はそうだから』とどこか自分を抑え込むようにね。『実際に動いた時に、目が開いてしまうからふさぐ』とも言っていましたね。すごいなと思いましたよ」と感心しきり。「それに条件の悪いところで、足袋も履かずにずっと裸足でいるでしょう。ズタズタになりながら! 驚きですよ。素晴らしいと思います」と原作をリスペクトし、万次の見た目も完璧を目指した木村さんを絶賛する。

万次は、斬られても斬られても、何度でも這い上がり、守るべき者のために戦い続ける。『無限の住人』の公開は2017年春。木村拓哉が体現する、悲しいほどの“強さ”を持った万次がスクリーンに登場するのが、いまから待ち遠しくて仕方ない。

『無限の住人』は2017年4月29日(土・祝)より公開。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
映画「君の名は。」興収199億円超え、邦画歴代2位に 「ハウル」抜き、上は「千と千尋」だけ
【なぜだ】鉄拳のパラパラ動画「法務省の社会を明るくする運動」が超感動的! なのに7カ月で8万再生とかもったいねぇぇええ!!
映画「この世界の片隅に」は日常系アニメ たとえ戦争中でも生活は続いている
中国発:『マッドマックス』のパクリ映画『マッド・シェリア』からMVが登場
リアル猫侍とネット騒然の「よろいを着た猫を散歩させる猫耳の武士」、実は現代アートだった なぜ生まれたのか作者に聞いた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加