胸など何度も刺す...強い殺意か 門真市死傷

胸など何度も刺す...強い殺意か 門真市死傷

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/10/19
No image

「知らない男が入ってきて父親が刺された」という長女(19)の通報で発覚した凄惨な事件。殺された父親と逮捕された定時制高校生の小林裕真容疑者(24)との面識はないという。

家族4人を次々と襲った小林容疑者は、長男(15)に取り押さえられ、警察が駆けつけたときには、うなだれた様子でしゃがみ込んでいたという。警察は、男が複数の刃物を準備していたことなどから、計画的な犯行だったとみて調べている。

事件があったのは、大阪府門真市四宮の民家で19日午前4時過ぎ、この家に住む長女から「いきなり知らない男が家に入ってきて父親が刺された」と通報があった。

警察などによると父親の川上幸伸さん(43)が胸などを刺され、病院で死亡が確認された。また、二女(17)が頭や首に十数カ所の刺し傷などがあるほか、長女と長男もケガをしている。警察は、その場にいた小林容疑者を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕し、容疑を殺人に切り替えて捜査している。

現場からは血のついた日本刀が押収されたほか、小林容疑者が持っていたリュックサックには包丁となたが入っていて、警察は、小林容疑者が自宅から刃物を持ち出した可能性が高いとみている。

また、馬乗りになって何度も川上さんの胸などを刺していることなどから、警察は小林容疑者が強い殺意をもって計画的に犯行に及んだとみて調べている。

一方で、警察によると、小林容疑者と川上さんら家族の接点などは現時点では確認されていないということで、警察は犯行の動機などを詳しく調べる方針。

動画の再生はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
山中の斜面に一人きり 2歳女児発見時の様子が...
交際相手の父親ら4人殺傷、韓国籍の男に懲役28年
3時間超の謝罪会見で“露呈”したDeNAの「無責任体質」
千葉大「かなり重い処分になる」集団強姦
発覚恐れ救急車を呼ばず 千葉大医学部“集団強姦”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加