4億円の「ラ フェラーリ」も2台、約60台のフェラーリが両国~伊勢をめぐるラリーイベントへ出発

4億円の「ラ フェラーリ」も2台、約60台のフェラーリが両国~伊勢をめぐるラリーイベントへ出発

  • GIGAZINE
  • 更新日:2017/10/16
No image

2017年10月13日から14日にかけ、新旧フェラーリ約60台が東京の両国国技館を出発し、静岡、名古屋、伊勢を巡る「エクスクルーシブ・ラリー Ferrari 70 Years Exclusive Japan Rally」が開催されます。前日の12日に開幕したフェラーリ70周年記念イベント「Driven by Emotion (情熱に突き動かされて)」のイベントの一環として開催されたこのラリーがスタートする様子を見てきました。

フェラーリ 70周年アニバーサリー in Japan

http://70.ferrari.com/ja/calendar/ferrari-70th-anniversary-in-japan

前日の「Driven by Emotion」に引き続き、ラリーイベントが開催される両国国技館に到着。快晴で気温が30度に届こうとしていた前日から一転、13日はグッと気温が下がって20度に届かなかったレベル。空も雲に覆われ、時おり雨が降るというあいにくの天候に見舞われたのが少し残念なところでした。

No image

しかし、スタート地点の先頭には、936馬力をほこる4億円のフェラーリ「ラ フェラーリ アペルタ」とそのクローズドルーフモデル「ラ フェラーリ」が合わせて3台も並ぶという、めったに見られない光景が広がっており、テンションが上がります。

No image

フェラーリ70周年を記念して作られた世界に1台のモデルのナンバー18、フェラーリの伝説的ドライバーであるファン・マニュエル・ファンジオに着想した「The Fangio」も。ファンジオの母国、アルゼンチンカラーに彩られて1956年のミッレ・ミリアに参戦したスポーツ・プロトタイプ 290 MMをモチーフにしたもので、世界に1台だけのスペシャルモデルです。

No image

また、1964年にイギリス人ドライバー、ジョン・サーティスにタイトルをもたらしたF1マシン「158F1」に着想を得た「The Surtees」も。通常、フェラーリのF1マシンといえばイタリアの国旗色でもある赤色(ロッソ・コルサ)にペイントされるのですが、1964年にはさまざまな軋轢の結果として終盤戦のアメリカGP、メキシコGPでは青と白のカラーで参戦。その時のカラーリングをもとにデザインされたモデルで、これももちろん世界に1台だけのフェラーリ。

No image

現行モデルの「488 GTB」

No image

こちらも現行モデルの「GTC4Lusso」

No image

599の限定モデル「599 GTO」なども

No image

また、1990年台の名車「355ベルリネッタ」や……

No image

なんと1976年の「512BB」までもが参加。まさか512BBが走る姿を目の前で見る日が来ようとは。

No image

今回のラリーに参加するのは、日本各地から集まったフェラーリオーナー「フェラリスティ」の皆さん。スタートに先立ち、まずはイベントに関するブリーフィングが行われました。

No image

そしていよいよラリーのスタートを迎えます。

No image

先導車両となる「812スーパーファスト」の横に立って記念写真に応じるのは、前日のイベントにも登壇したフェラーリ極東・中東エリア統括CEOのディーター・クネヒテル氏と、フェラーリジャパン&コリア代表取締役社長のリノ・デパオリ氏。

No image

812スーパーファストに続いて、3台のラ フェラーリがスタートしていきました。カーナンバー1は黄色のラ フェラーリ アペルタで……

No image

カーナンバー2は、こちらはホワイトのラ フェラーリ アペルタ。ここまでですでに車両価格は8億円に達しています。

No image

カーナンバー3は、アペルタ(=オープンモデル)ではない「ラ フェラーリ」。値段の話ばかりではアレですが、このモデルも1億6000万円という価格がついたモデルで、3台の合計額は約10億円。もう、ため息すら漏れてこようとしません。

No image

ラ フェラーリがラリーに出発する様子はこんな感じ。 両国国技館前の市街地へと進むために、「快音をとどろかせ」というスタートではありませんが、レーシングカーのような乾いたエグゾーストノートが静かに迫力を伝えてくるワンシーンでした。

フェラーリ「ラ フェラーリ」が70周年イベント「Driven by Emotion」のラリーイベントに出発 - YouTube

フェラーリ創設者であるエンツォ・フェラーリ氏の名前が冠されたモデル「エンツォ フェラーリ」もスタート

No image

全世界799台限定の「F12tdf」も続々とスタート。それにしても、日本にはたくさんの限定モデルが生息しているものだと気付かされます。

No image
No image
No image
No image

「488 GTB」およびそのオープンモデル、「488スパイダー」が次々と発進。

No image
No image

ホイールデザインからすると、V8ターボの「GTC4ルッソT」ではなく、V12自然吸気エンジンを搭載する4人乗りフェラーリ「GTC4ルッソ」。

No image

V12気筒エンジンを搭載する「F12ベルリネッタ」。

No image

そして、ナンバープレートからもわかる、458シリーズのスペシャルモデル、「458スペチアーレ」。

No image

イタリアを表す緑・白・赤の3色「トリコローレ」がキマっている458スペチアーレも。

No image

「F430スパイダーか?」と思いましたが、バンパーの形状からすると2008年のF1コンストラクターズタイトル獲得記念車「スクーデリア・スパイダー16M」。

No image

V8ターボエンジンを搭載した「フェラーリ カリフォルニアT」

No image

そして、その前モデルとなった「フェラーリ カリフォルニア」

No image

2004年の2ドア4シーターモデル、「612スカリエッティ」

No image

そして1990年台の名車「F355 ベルリネッタ」。ホンダの初代NSXをベンチマークの1つとして開発されたモデルともいわれています。

No image

そして一気に時代がさかのぼり、1976年の「512 BB」が登場。現代のスーパーカーに比べると一回り小さなボディでしたが、その存在感は格別。水平対向(Vアングル180度)レイアウト、通称「ボクサー・エンジン」+キャブレターというパワーユニットを搭載し、現代の排ガス規制が施されたクルマからは感じることができない「いいニオイ」をふりまきながら走り去っていきました。全ての車両を掲載することはできませんでしたが、この日は合計で56台のフェラーリが伊勢を目指して旅立っていきました。

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
シチズン時計、デイバックシリーズをイメージした「OUTDOOR PRODUCTSウオッチ」第2弾
エキスパートたちが明かす“隠れホワイト企業”の見極め方「“最低条件”は5つ」
JDI、深まる経営危機...アップルをサムスンに奪われ巨額損失、法的整理も現実味増す
「タペストリー」に改名のコーチ、 より激しい競争に直面へ
都市農業の担い手育成へ「はじめの一歩」村が大阪で開村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加