和牛の中にはトリュフライス。六本木の新店が繰り出す美しいメニューの正体は...?

和牛の中にはトリュフライス。六本木の新店が繰り出す美しいメニューの正体は...?

  • 東京カレンダー
  • 更新日:2019/08/26

六本木駅から徒歩3分。レストランが多く立ち並ぶ美食の街に、先月新たにフレンチレストラン『LORE Tokyo(ローレ トウキョウ)』が、店を構えた。

こちらで楽しめるのは、ステーキ&創作和フレンチと、ワインのマリアージュ。元々「グランドハイアット東京」で手腕を発揮してきたオーナーソムリエとシェフがタッグを組んでいるとあって、その実力を期待できる。

美しくも大胆な和洋融合メニューの中には、東カレ読者だけに特別に提供してくれるものも。お店に足を運ぶ際には、声をかけてみて。

No image

独創的なアイデアが織りなす美食体験を堪能しよう!

先月7月にオープンした『LORE Tokyo』は、北欧ダイニングをイメージした隠れ家的レストラン。

オーナーソムリエを努めるのは、シニアソムリエ等の資格を多く保有し、「グランドハイアット東京」にレストランマネージャーとして在勤していた土屋剛芳氏。

シェフとしては、同ホテル『けやき坂』にてミシュランの星獲得に貢献した大澤太一氏が腕を奮ってくれる。

No image

美食とワインを、柔軟に楽しめるのも嬉しいところ。

ディナータイムには、コースはもちろんのこと、フォアグラやキャビア、トリュフといった、高級食材をアラカルトでもいただける。お料理1品とワインといった、バー利用もできて使い勝手が抜群なのだ。

ランチタイムもゆったりと、セットメニューやコースをいただける。ショッピングや美術館の合間に行くのにも、知っておきたい。

No image

「金目鯛のソテー30年熟成ソース」2,800円

時を超えた秘伝のソースは必食!

写真の一品は、オーナーの土屋氏が父親から受け継いだ30年熟成ソースを使用した看板料理。

最初に「和」の熟成ソース、次に「洋」のホワイトソース、最後は熟成ソースとホワイトソースを混ぜた「和洋」という3種類の味を楽しめる。

そんな和とフレンチの高度な融合が楽しめる、ここでしか味わえない逸品たちをぜひご賞味あれ!

東カレ読者限定の“究極のお茶漬け”も!『LORE』おすすめメニューをご紹介!

No image

「群馬県産 ハニーポーク」

※ランチコースのみでのご提供

ニンニクとオリーブオイルで風味付けし、とても柔らかく仕上げた豚肉のソテー。

脂質に蜂蜜のような甘みがあることからハニーポークと呼ばれ、生産にもこだわられているそう。

No image

「鱸のクリスピーソテー ブイヤベース風スープ」

※ランチコースのみでのご提供

鱸の皮を取り除き、あられとローズマリーをまぶしクリスピーに仕立てた一品。

スープは鱸の粗でとった出汁に野菜をたっぷり入れ、魚介をあえて入れずに軽やかなブイヤベース風に仕上げている。

No image

「和牛」

価格:4,800円~

月替わりで全国各地の厳選A4和牛を提供。

あえてA4にこだわり、ワインとの好相性を存分に引き出した和牛料理を楽しんで。

No image

「フォアグラとイチジクのキャラメリゼ バルサミコソース」

価格:2,000円

フォアグラが溶け出さないようにカダイフをまくことによって表面はクリスピーに仕上げ、中はフォアグラ本来のやわらかさを引き出す。

臭みの少ないハンガリー産フォアグラの魅力を存分に生かした、斬新な調理スタイルも注目の一品。

No image

「低温調理したサザエとキノコ エスカルゴソース」

価格:1,800円

エスカルゴ料理からヒントを得て生まれたこちらは、ワインとの相性が抜群!

パセリとニンニク、白ワイン等を使用したエスカルゴソースを、エスカルゴに見立てたサザエとキノコに和えて。

No image

「和牛サーロインの肉巻き茶漬け 北海道産生うにとキャビア添え」

価格:3,000円

東カレをチェックしている読者限定でご紹介する特別料理がこちら。正体は、なんと茶漬け!

和牛サーロインでトリュフライスを包み、生うに、キャビア、トリュフをトッピング。そこに和風だしの効いたスープをかけた究極の和洋融合茶漬け。

なんとも美しいフォルムだが、1日限定3食のみの提供だとか。お店の方に声をかけてみて。

No image

世界各国から集めた100種のワインが料理を引き立てる!

価格:グラスワイン(120ml)1,300円~/ボトルワイン(750ml)5,800円~

『LORE Tokyo』では、フランス、カリフォルニアをはじめ、常時約100種類のワインを楽しむことができる。

何よりもコンテンポラリーな「料理を楽しむワイン」をコンセプトに、洗練されていて、重すぎず、渋すぎないワインを厳選している。

No image

■新店概要

店名:LORE Tokyo
住所:港区六本木7-19-1
営業時間:ランチ 11:30~15:30(L.O.14:30)
ディナー 17:30-22:30(L.O.21:30)
電話番号:03-6434-0974
URL:http://roppongi-lore.com/

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

お店カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「すたみな太郎」に“希少部位”キター! 特撰牛カルビも食べ放題!!
ラーメンすらラグジュアリー!ホテルの絶品背徳グルメ3選
ジャケ買い駅弁グランプリ 西日本篇パケ目立ち必至のビジュアル系ベスト11
【群馬県前橋市】サイクルラック設置店~市街地編~
9月17日は“イタリア料理の日”!ミラノ発「スポンティーニ」では先着でかなりお得に“マルゲリータ”が楽しめます
  • このエントリーをはてなブックマークに追加