ビッグマウスよりネットビジネス?押尾学ブログに漂う”キナ臭さ”

ビッグマウスよりネットビジネス?押尾学ブログに漂う”キナ臭さ”

  • デイリーニュースオンライン
  • 更新日:2016/11/30

2009年に薬物事件で逮捕された押尾学(38)が、新たに開設したブログのイメチェン具合が話題となっている。ブログは11月1日に開設され、約3週間で更新回数は50を超える熱の入れようだ。押尾のさわやかな笑顔がプロフィールに躍るなど、まさしくイメチェンが前面に押し出されている。いよいよ本格的な芸能界復帰を目論む押尾の思惑が感じられるが、その奥にはさらなるビジネスを視野に入れているとも囁かれている。

押尾は、2009年に愛人のホステスがMDMA(合成麻薬)で死亡した事件で、保護責任者遺棄致死罪と麻薬取締法違反で逮捕され、懲役2年6ヵ月の実刑判決を受けた。2014年12月より仮釈放となっており、それから約2年間で、少しずつ露出の機会を増やしている。今年に入ってからは、自身がボーカルをつとめるLIVのライブで約300人を動員し、7月にはトークショーも開催するなど、活動も積極的だ。今回のブログ開設も、そんな芸能活動本格復帰への意欲の表れなのだろう。

しかし、いまだ世間的な悪いイメージは消え去っていない。今年は、映画の出演オファーもあったようだが、後にスポンサーNGが出て破談になったとされるなど、映画やテレビといったお茶の間への復帰はまだまだ厳しい状況。今回、あれだけの“さわやかイメージ”を押し付ける必要があったのも、そういった背景があったからなのだという。

■さらなるイメージダウンでファン離れも加速

「俳優として日本でテレビ復帰するのは絶望的だと、本人は分かっているからなのでしょう。1月のライブで300人の動員があったことに気をよくしたのか、しばらく国内ではLIVの活動を中心にしていくようです。いずれは日本を飛び出し、中国や韓国での俳優活動を今後の目標に見据えているといい、それに向けてLIVとしてアジアツアーを検討しているらしいのですが、向こうに需要があるのかは甚だ疑問です」(芸能記者)

日本でのイメージの悪さを理由に、海外進出を目論む俳優やアーティストは少なくないが、それで成功する例は極めて稀だ。明確なビジョンがなければ、一時の逃避行に終わるだろう。その前に、押尾には“元手”があるのかと問いたくなるが、どうやらその心配は無用だという。

一部報道によれば押尾はこの2年の間に、インターネットビジネスに活路を見出したようで、一部メディアでは月収300万とも報じられている。しかし、それもどうやらきな臭い話のようだ。

「ネットビジネスといっても、FX(外国為替証拠金取引)で儲けられると謳った情報商材を有料で売るような仕組みです。芸能界復帰へ向けて、このような胡散臭い仕事でも、資金集めのために必死にこなしているようです。しかし当然、これも世間的な印象が悪いことに違いはなく、LIVのファンの間でも、開設された公式ブログで変な商材を売りつけられるのではないかと疑心暗鬼になっている声も聞かれます」(前同)

クリーンな仕事はなかなか望めないが、押尾は再び輝くことができるのだろうか。その前途はどこまでも険しい。

文・安藤美琴(あんどう・みこと)

※1974年東京都出身。大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ガールズジャーナル』(セブン&アイ出版)、『パチンコ攻略の帝王』などに寄稿。現在は女性向け読み物系の記者・編集者として活躍中。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
藤田ニコル、無断撮影された後の“神対応”が「有能政治家みたい」と大絶賛
テレ朝・田中萌アナのゲス不倫報道に乙武洋匡激怒「いまさら何を言ってるんだか」
坂上忍も絶句!ASKAの次に注目される薬物疑惑タレントは芸人と元アナ!?
長渕剛「乾杯」新バージョンに騒然 FNS歌謡祭「今年一番笑えた!」
元フィギュア村主がヌードになったワケ 極貧生活をTV告白
  • このエントリーをはてなブックマークに追加